■歌野晶午

2016/09/02

『みんなの少年探偵団2』

江戸川乱歩没後50年(2015年)記念に発行された少年探偵団アンソロジー第2弾。有名作家揃ってます。

個人的ベストは大崎梢『闇からの予告状』でしょうか。(以降ネタバレします)孫世代の活躍ってのがいいですね。宝石へと辿り着く過程も丁寧ですし、怪盗二十面相を欺こうとココちゃんが仕掛けた罠も良かったです。正統派な一作。

次点は歌野晶午『五十年後の物語』ですね。五十年後がいつを差すのかが肝の叙述トリックです。うまい。七つ道具がスマホに劣るのはまあ仕方ないかと(笑)

坂木司の『うつろう宝石』も好き。探偵の老いに踏み込んだ作品が多くなってきたのは本格ミステリスキーの平均年齢が上がってきているからでしょうか(笑) 明智を盲信するだけでない小林少年というのも悪くないと思いました。

有栖川有栖『未来人F』はいつもの有栖川と明らかに違う、乱歩を意識した文章に名作を予感したものですが……メタでした。物語の世界からすっと引き離される感覚。残念です。

少年探偵団を謳ってますが、読んで楽しいのは間違いなく大人ですね。有栖川のメタオチなんて子どもが読んでもぽかーんだと思います。歌野の作品テーマでもありましたが、少年少女が胸躍らせる作品というのは今も昔もそう変わらないはずなので、少年少女には図書館でボロボロになっている少年探偵団ものを読んで楽しんでもらいたいものです。

あ、平山夢明はいつもの平山夢明でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/20

『密室殺人ゲーム・マニアックス』 歌野晶午

『密室殺人ゲーム王手飛車取り』 に続くシリーズ第3弾。笑えないほど不謹慎な題材はそのままに、味付けを変えて読ませてくれるのはとても嬉しいのだけれど、やっぱり第1弾を読んだときの「なにこれやべぇえぇぇえぇぇええ」感は出ませんよね、仕方ない。

そして、本作には気に掛かることがもうひとつ。ノックスの十戒「未発見の毒薬、難解な科学的説明を要する機械を犯行に用いてはならない」に抵触しているような気がするの。もちろん作中で釈明(?)は為されているのだけれど、現実的に今の科学では不可能なトリックが使われている=他の方法があるわけで。それを「出題者が正解判定を出したので、ゲームとしてはこれで終了」で済まされると肩透かしをくらった気分になります、残念。

さて、次の「密室殺人ゲーム」はどんな趣向を凝らして読者を愉しませてくれるのか。次が気になる大好きなシリーズです。

| | トラックバック (0)

2009/02/19

『魔王城殺人事件』 歌野晶午

魔王城殺人事件 (ミステリーランド) Book 魔王城殺人事件 (ミステリーランド)

著者:歌野 晶午
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「レジドラ」って知ってる?

いま人気のゲームなんだけど

そのね、最終決戦の場“デオドロス城”が

僕の町にはあるんだ

「かつて子どもだったあなたと少年少女のための」ミステリーランド再読中フェア。同時平行的に歌野晶午も再読中フェア。となると必然的に本日のメニューは決まるわけで。

本作『魔王城殺人事件』はタイトルから丸判り、殺人事件がその主題です。でも、主人公は名探偵じゃない。“51分署捜査1課”の面々=5年1組第1班の5人のメンバがこの作品を動かします。彼らの町には“デオドロス城”と呼ばれる不気味な洋館があって。小学生=冒険大好き不法侵入?そんなもの「犬が迷いこんじゃって」「サッカーボールが飛び込んじゃって」でなんとかなるわい!と意気揚々と忍び込む彼ら。けれど、彼らはその行為を悔やむことになる。

だって、死体なんて見つけてしまった日には。

おぉ、ミステリだミステリだ。けれど、ここからが歌野晶午氏のミステリーランド。普通なら“51分署捜査1課”が小学生ながらに死体消失トリックの謎を解き、犯人へと続く道筋を辿る…というお約束展開が待ち受けているのですが、

本作はそういった過程はすべてスルー

いや、それが現実というものです。どこの世界に警察の捜査会議にバリバリ参加する小学生が居る?居るわけないじゃない。というわけで、彼らはある情報をもたらす事で事件解決に貢献しますが…貢献した瞬間に月日は過ぎてもうすっかり犯人逮捕です。逮捕劇?んなもん知らねー。

でも、死体消失トリックなんかは奇天烈刑事・ヒデ兄が解説してくれるので(小学生サービス)ご安心を。これを解かねば犯人を追い詰められないぜ!という類のものではないので、解けなくても支障ないですし。犯人逮捕にも支障ないと思う。いつも思うのですが、どうして犯罪に見ず知らずの他人を巻き込めるのでしょうか?人の口に戸は立てられないのに。

というわけで、本作を読む少年少女にしてみたらもっと“51分署捜査1課”に活躍してもらいたいんじゃないか?と思った1作。大人にしてみたら妥当なんですけれどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/16

『そして名探偵は生まれた』 歌野晶午

そして名探偵は生まれた (祥伝社文庫 う 2-3) (祥伝社文庫 う 2-3) Book そして名探偵は生まれた (祥伝社文庫 う 2-3) (祥伝社文庫 う 2-3)

著者:歌野 晶午
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「雪の山荘」「孤島」「館」

ミステリファンなら垂涎モノの

密室トリックを召し上がれ

文庫化したばかりとは知らずに読んだ歌野晶午氏による密室トリック短編集。歌野晶午氏の代表作はもう『葉桜』で決まりかもしれませんが、『葉桜』よりももっともっと本格本格した作品の方が私は好きです。『葉桜』はもう、あのワントリックしか覚えておりませんの。

本作は「雪の山荘」「孤島」「館」というミステリのミステリによるミステリのための舞台に用意された3つの密室を主題に。個人的好みは圧倒的に「館」モノ=「館という名の楽園で」なんですが。この「館という名の楽園で」は良いですねミステリスキーの夢が詰まっております。ミステリ好きが高じて、ミステリに登場するような、ミステリにしか向かない生活に支障をきたすような「館」を造った冬木。探偵小説研究会のメンバを召集して、「館」にまつわる“いわく”を披露して、半ば無理矢理に推理ゲームに巻き込んで。もちろん提示される謎は美味。スケールが必然的にでっかくなるんですよね「館」モノって。堪らないです。

あとの2編は…普通?「生存者、一名」はミステリというよりサバイバルホラーかと存じます。表題作「そして名探偵は生まれた」は「えっ?いつ名探偵生まれた??」という出来でしょうか。名探偵風刺として読むのが宜しいかも。

歌野晶午作品はアグレッシブ過ぎて、どうもそのスタイルを掴みきれない。『葉桜』みたいな大作があったり、『密室殺人ゲーム王手飛車取り』みたいな性悪腹黒ミステリがあったり、本作のような本格があったり。でも「新本格ムーブメント」出身だもの、やっぱり本格本格ミステリミステリした作品に期待したい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/12/27

『メフィスト 2009年1月号』

メフィスト 2009年 01月号 [雑誌] Book メフィスト 2009年 01月号 [雑誌]

販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

久しぶりにメフィスト買いました。西尾維新氏の『きみとぼくの壊れた世界』もんだい編が掲載された号を買ったのが最後かと思いますので…何年ぶりでしょうか少なくとも5年は経ってますね月日の流れるスピードが異常だ歳ですか?では、そんな浅いお付き合いしかしていないメフィストを今回購入した契機ですが、

40代のタタル&熊を拝みたかったからに相違ありません

でも、それだけじゃない。今回のメフィストは私のスキスキ作家さんが多くてにんまり。以下、連載以外で私が読了した作品(しかも読んだ順)のレビューです。

「QED~flumen~ 出雲大遷宮」 高田崇史
残念ながらタタルの嫁情報は入手できませんでしたが、それでもいろいろと無視できない情報が散りばめられておりました本作。まず、タタルたちが“あの事件”と呼ぶ9年前の事件。どうやらこの事件がQEDの終焉となる模様ですが…舞台は出雲ですか(出雲に足を踏み入れることはないようですが)なんか、ついに本丸に攻め込んだ感じですね。そして、その事件の鍵を握る(らしい)中島晴美…正直「誰それ?」状態だったのですが、『QED~flumen~ 九段坂の春』に登場した奈々の同級生だそうで。全く覚えておりませんでしたてっきりモブかと。そう思って『九段坂の春』再読中なのですが、やっぱりモブでしたし。そして、なによりもなによりも見逃せない情報が。熊、子連れ女性と結婚したんですか!?なんか熊っぽい選択ですね違和感なく受け止められました。子どもの名は「大地くん」だそうで。きっと終焉までには「大地くんの母親」も登場してくれると思うので(まさか既出ってことはないよね!?)その辺りにも注目しつつ残り3作のQEDを追いかけてゆきたいと思います。しかし、タタルってば狐憑きからは卒業したようで大人になりましたね。

「薬剤師とヤクザ医師の長い夜」 椹野道流
QEDトリビュートとして登場した本作。椹野道流氏と聞いてもピンとこなかったのですが、ミチルンと聞いて「あぁ!」高田崇史氏のエッセイでお馴染みのミチルンじゃないですか。さて、そんなミチルンの「伊月崇」と本家QEDの「桑原崇」というW崇でお送りする「薬剤師とヤクザ医師の長い夜」。タタルが若干別人ですが、トリビュートだし挿絵のタタルが異常に男前だったので成績は「優」。あの環境下で出雲大社あたりの薀蓄を語り出したら本物のタタルだったんですけれど(笑)でも、本作ではお目にかかれない漢方薬局勤務のタタルが垣間見れてやっぱり満足でした。これを契機にミチルンの作品にも手を伸ばしてみようと思います。ティーンズからだけでなく、講談社ノベルスからも「鬼籍通覧(伊月崇)シリーズ」が出ているようですし。そういえば、「薬剤師」と「ヤクザ医師」が「やくざいし」でかかってますね。いま変換してみて始めて気がつきました(駄目な仔)。

「零崎人識の人間関係 無桐伊織との関係」 西尾維新
零崎シリーズラストを飾る『零崎人識の人間関係』。ノベルス化したときに一気に読むべきか…と一瞬だけ悩みましたがそれも一瞬。読んで良かった崩子ちゃん可愛いよハァハァ。勝手に『人間関係』は長編だと思っていたのですが、『零崎曲識の人間人間』と同様に短篇をいくつかまとめる形式なんですね。wikiによると「匂宮出夢との関係」「無桐伊織との関係」「零崎双識との関係」「戯言遣いとの関係」とのこと。これでふたつ目が発表されたことになるのですね。俄然「零崎双識」と「戯言遣い」が気になるところですが…どっちか書き下ろしにしないと販売戦略上マイナスでしょうから、ってそんなこと私が気にするところじゃないかそれよりもなによりも崩子ちゃん可愛いよハァハァ。「無桐伊織との関係」とは言いつつも主役は戯言遣いの抱き枕=闇口崩子ちゃんと、その存在自体が主役=哀川潤の両者かと。死神の最期の願いを叶えるべく闇口衆の拠点たる大厄島に乗り込んだ4人。4人の前に立ち塞がるは生涯無敗結晶皇帝(凄いネーミング)。「かけっこ」であり「鬼ごっこ」でもある大厄ゲームの詳細は省きますが、崩子ちゃんと伊織ちゃんの戦いは良かったですねキュンキュンします。やっぱり戯言シリーズは女の子が可愛い。女の子が涙流しながら頑張っている様を読むのは嬉しい…って私はどんな変態だ。人識の人間関係については4篇で1作だと思いますので、それはノベルス化したときにたっぷりじっくり語りたいと思います。戯言シリーズの後日談とも言える本作、はやく全部通して読みたい!

「密室殺人ゲーム2.0 Q5 三つの閂」 歌野晶午
『密室殺人ゲーム大手飛車取り』の第2弾である本作。その5問目です。前作をべた褒めしました私ですが、本作もその遊び心はそのままに出題レベルもそのままに、とにかく嬉しいはやくノベルス化して欲しいこれまでの4問も読みたい!今回のお題は雪密室。雪密室に対する登場人物たちのツッコミ(「積雪の条件が整うまで、ひたすら何年も待ちますか?中略。だったら雪の密室トリックなぞ使わず、別の方法でさっさと殺しますよ」)とか互いへの罵倒とか…あぁ、気持ち良い。殺人現場の情景も美しいですよね。処女雪に聳え立つ透明ボックス…まさに非日常的非現実的ファンタジーですよ。ボックスが自作ってところがミステリ的には残念ですが、その頑張りには涙です。前作はラストに蛇足感ありましたが、本作はどんなラストでもってゲームを終わらせるのでしょうか。それも楽しみです。

「隙魔の如き覗くもの」 三津田信三
長篇だけかと思っていたら短篇でも美味しくいただけるんですね刀城言耶シリーズ。今回の怪異は隙間から現在過去未来、心の隙間に付け入る幻を見せる隙魔。隙魔が隙間に見せるは小学校校長が鬼に追われる幻…けれど、その校長が虐殺されたと知っては?刀城言耶シリーズらしいアリバイ崩しは健在。納得のゆく結末に思わずにんまり。動機を蔑ろにし(頁数の関係やもしれませんが)殺害機会の点だけで犯人指摘するその美しさにうっとりです。

「答えのない絵本」 麻耶雄嵩
メル久しぶり!というか麻耶雄嵩氏久しぶり!新刊というものをここ数年拝見しておりませんが…久しぶりの新作がこんなバカミスだなんて(笑)ロジックではこうなるのかもしれませんが、こんなのが認められるわけないじゃないですか!?衝撃のラストへあなたを誘うって本当だよ!是非読んでください。ラスト直前まではバッキバキの本格です。可能ならばラスト直前で自分なりの犯人を見付け、そこでメフィストを閉じていただけたら。

「嘘つき紳士」 北山猛邦
ミステリというよりはセンチメンタル…かと思いきやなんとも後味の悪い感じ=私の好み作品きました。ハートウォーミングな結末が待っているに違いないと思っていただけに、この裏切られた感が堪らないですね。『キョーコ』はどんな気持ちであんなピュアなメールを打っていたのだろうその心の闇を覗きたい。でも、TOKYOにそんな力があるかどうかは…疑問。

「トーキョー語り」 辻村深月
新刊2冊放置してメフィスト短篇から読ませていただきましたが…やっぱり高校生くらいの女の子の心情を描くのが巧いですなぁ。なにか劇的な出来事が起こるでもなく、劇的な出来事を起こすでもなく。私たちの身にも起こりそうな起こっていたような日常を切り取っているはずなのに、なんとなくキラキラ。本作には一美というキャラクタが登場するのですが、まぁ居ますねこういう悪い女。少なくとも私の中には居る。そして、そんな一美(私)にしてみたら主人公のさくらは鼻につきますよ。篤志の「イライラする」件はまさに。だけど、そこはトーキョーじゃないから知らないふりは出来ないから、だからいっしょに過ごすしかないの。そして、せっかくいっしょの時を過ごすなら、楽しいほうが良いに決まってるじゃない。そんな当たり前のことを当たり前に描いた作品だと思う。だから、特に特質すべき点はありませんの。

「Aカップの男たち」 倉知淳
倉知淳氏久しぶり!と思ったらそんなバカ作品とは(笑)最近男性用ブラジャーが話題になってますが、倉知淳氏がさっそく作品に取り入れてきました。作品は一応ミステリ風味ですが、それよりもブラジャーの件が印象強くって特に感慨はございません。それよりもゴ○ゴサイドから叱られませんか?スナイパーがブラジャーって(笑)

だんだんレビューが短くなくなるテキトーになるのはご愛嬌ということで。この他にも法月綸太郎氏のグリフィンシリーズの連載も始まったのですが…連載もの読んじゃうと次のメフィストも欲しくなるなるからなぁどうしようか悩み中。でもグリフィンシリーズはなかなか面白かったので、絶対読みたくなるんだと思います。
  

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/04/07

『密室殺人ゲーム王手飛車取り』 歌野晶午

密室殺人ゲーム王手飛車取り Book 密室殺人ゲーム王手飛車取り

著者:歌野 晶午
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ネット上で行われる推理ゲーム。

普通の推理ゲームと違うのは…出題者が本当の殺人犯だということ。

貴方はこの問題が解けますか?

“ミステリブロ愚”の看板を下ろす日も近いな…と勘繰られるほど(誰に?←自分にだ!)ミステリから遠ざかっておりました当ブロ愚。お待たせしました、“ミステリブロ愚”再開でございます。しかも、再開一発目作品に…

祝・当たりが来ました!!

歌野晶午氏は先日『女王様と私』を読了したばかり、立て続け。でも、そんなことはさらさら気にせず、読んで良かった『密室殺人ゲーム王手飛車取り』!!

アタリ作品ハズレ作品に限らず、ミステリ読んでる時は本当に至福。初めまして!作家消化週間とかやってましたが、あのゆる~い作品群(←週間対象作家さんに失礼ですから!)の後だから、本作がより新鮮に感じられた感は否めないかも…アリガトウゴザイマス。でも、私は本当にミステリが好きなんだなぁとこの数日で実感致しました。

本作は実際に起こした(これ、ポイント)殺人事件をミステリゲームとして出題し、ネット仲間に真相を推理させるという趣向。「犯人は誰か?」を推理させるのが通常の推理ゲームですが、本作は犯人=出題者ですので「どうやって犯行を行ったか?=アリバイ崩し」「どうやって殺人現場を作ったか?=密室」「被害者の共通点はなにか?=ミッシングリンク」などが出題範囲。

このトンデモ設定がかなりツボ。ツボ入りました~ってなもんです。

ひとつひとつの事件レベルも合格レベルで、しっかりミステリファンを愉しませてくれる上に、事件毎に関係性関連性があり(例えば、チャットに参加していたはずの時間に次の出題殺人が行われていたり)「だからあの時、こいつはこうだったのか!!」と2倍愉しませてくれる出来です。

バーチャルの世界が現実世界とリンクし出した辺りからも読ませる。コロンボ(登場人物のひとり)が消えた辺りから明かされてゆく、メンバの素性。これまでのチャットの様子を覗き見ていた読者は、彼等に騙された感でいっぱいになるでしょう。カ・イ・カ・ン。

ラストの爆弾の件は「あぁ、そうくるか~」という感じで、ちょっと蛇足感ありますが、これまで挿入されてきたベイダー卿(これまた登場人物のひとり)の心情を振り返れば…頷けるかも。残されたメンバがどういう決断を下すのか…は読者に委ねましたしね。このクラスの名作は続かないからこそ素敵なのです。

もっとネタバレレビューを書きたい気持ちは抑えて。オススメ作品はネタバレせずに読んでもらうと信条とする当ブロ愚。オススメする価値ある一作。年末のミステリ商戦に、必ずや喰い込んでくる作品だと信じてオススメします。是非、どうぞ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/24

『女王様と私』 歌野晶午

女王様と私 Book 女王様と私

著者:歌野 晶午
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

デブでオタクでひきこもりな上に…ロリコン。

そんな私が出逢った天使、いや女王様は12歳の少女。

女王様を救えるのは、そう私しかいないのだ。

“普段の精神状態なら絶対に手に取らないであろう”とまではいかないまでも、手に取らないケースの方が多い歌野晶午氏。歌野氏の作品は『葉桜の季節に君を想うということ』以来ですので…5年ぶりくらいでしょうか?『葉桜』は有名すぎるあのトリックしか記憶にないのですが、『葉桜』より(個人的に)おもしろかったかもしれない本作『女王様と私』です。

本作はデブでオタクでニートでひきこもりで、さらにロリコンというオプションまで付随したアイタタタな44歳独身中年が主人公です。最初は「この主人公はまぁ、25歳くらいのアイタタタな人なのかな?」と思っていたのですが、44歳とは…堂に入っております。そんなアイタタタな僕が出逢った女王様も、20歳過ぎの綺麗なねーちゃんかと思いきや…12歳の天使。物語の序章も序章で明らかになるその設定に度胆を抜かれました。

そして幼き女王様が抱える悩み(オナ小元オナクラ同級生連続殺人事件!)を解決しようと躍起になるオタク中年が、まんまと迷い込んでしまう罠。この罠、途中まではリアリズム、途中からはファンタジーな創りとなっております。でもまぁ、許容範囲かと。なんたって、最初から「○○」と断りが入ってますからね!ファンタジーな設定でオタク中年が肉薄する連続殺人事件の真相…このあたりはしっかりミステリです、たぶん。

しかし(ここからネタバレします)オタク中年の「○○」が這入りこんだのは、物語がファンタジー的恣意に歪められたあたりからかと思っていたのですが、まさか最初の最初から「○○」だったとは。どれだけ壮大な「○○」やねん!私も腐女子として○○を操作するのは容易いですが(もう趣味の域です)、あそこまで自由にアズユーライクに○○するテクは持ち合わせておりません。しかも、連続殺人事件まで起こそうとは!!伊達に何十年間もひきこもってないですね~。天晴れ。み、見習わなきゃ。

そんな「○○」も章を代え「○○」へと強制終了させられるわけですが、そこで待ち構えるオチも良かった。こういう肩透かし、好きです。「○○(最初の章)」の中にしっかり「○○(最後の章)」世界が反映されていて、読者に情報が届いている点もおもしろい。

まったく期待していなかった(なんせ『女王様と私』というタイトルからSMチックな甘美な作品か、同性愛を描いた恋愛小説だと思っていた)ため、ミステリとの思わぬ出会いに嬉しさを…って、歌野晶午氏はミステリ作家ですから!でも、『葉桜』よりは本当に私好みの作品でした。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006/07/17

『川に死体のある風景』

川に死体のある風景 Book 川に死体のある風景

著者:綾辻 行人,有栖川 有栖,歌野 晶午,大倉 崇裕,佳多山 大地,黒田 研二
販売元:東京創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

“川と死体”を題材に、6人の人気作家が競演。

この『川に死体のある風景』は歌野昌午氏の呼びかけをきっかけに、今をときめく(古っ!)6人の人気作家が“川と死体”をテーマに競演したアンソロジーです。それぞれの短編作品とあとがきが収録されておるのですが、あとがきに個性が溢れていて好き。そもそも、アンソロジーという場自体が、作家の個性を発揮させるのに適した場だと思っているのですが、この『川に死体』は作品を発表してゆく順番も、6人の合議制で決められたようで、「六人の競作だから、まあ、三、四番手がいちばん目立たないだろう」と告白されていた佳多山氏のあとがきが印象的。

黒田研二氏のあとがきも「クロケンらしいなぁ」という感じ。あわあわあわあわ。綾辻行人氏があとがきで書かれていた当初プロットの作品なんて、楽しそうですよね。コメディでありながらも、解決には相当のロジックが披露されそうな。是非読みたい読みたい。有栖川氏はあとがきで性懲りも無く学生アリスシリーズの次回予告をされておりましたが、一体いつ発売になるのですか!?情報の小出し小出しは、出版のメドが立ってからしていただかないと、期待してしまうんですのよ!頼みます、有栖川氏。

というわけで、本編とはまったく関係のない、しかもあとがきを読んでいない方にはまったく理解もできないレビューをつらつらと書いてまいりましたが、『川に死体』に納められている6つの短編を個人的に順序付けるならば以下のような感じ。

①「捜索者」 大倉崇裕
②「玉川上死」 歌野昌午
③「桜川のオフィーリア」 有栖川有栖
④「悪霊憑き」 綾辻行人
⑤「水底の連鎖」 黒田研二
⑥「この世でいちばん珍しい水死人」 佳多山大地

トップ3がストレートに勝負してきているのに対し、綾辻氏はとにかく変化球、クロケンは…ちょっと有り得ない感じ?佳多山氏はいつになったらミステリになるのかと思ったら、よくわからないうちに解決編に突入していたという感じ。視点や時代の切り替えに難を感じてしまいました。

個人的にはこんなところでEMCのメンバーと再会できると思っていなかったので、とにかく嬉しい。『月光ゲーム』直後のストーリーのようで、アリスたちはとにかく暗いし、マリアも登場していないしで、ちょっと物足りないけれど。君たちの活躍を待ち望んでいる読者がここにいるからね。頑張れ。

さて、お次はなにを読もうかな。候補としてはまたもやアンソロジーか、135回直木賞候補にもなったあの作品です。さてさて、どちらを手にとることとなるのやら。

| | コメント (2) | トラックバック (1)