□森博嗣ブログジャック計画

2006/09/04

閉幕宣言

開幕は7月26日のことでございまいた。

本日、無事閉幕を迎えることができ、感無量。

1ヵ月弱でS&Mシリーズ+Vシリーズ+四季の24作品を読み切ろう!というなんとも甘い考えで始めたこの企画。

来る日も来る日も森博嗣…しんどい時期もありました。積読本はまだかまだかとプレッシャーを与えてくるし。

でも、一気に読んだことで奥深さと云いますか、これまで気付かなかった伏線やポイントに気付くこともできました。結果的にはかなり楽しい1ヵ月でしたね。ブログジャックのお陰で知り合うことのできた方もたくさんいらっしゃいますし。

ここまでお付き合いくださいました皆様、どうもありがとうございました!

これからの私の予定としては積読本を解消した後に、有栖川有栖の「国名シリーズ」か綾辻行人の「館シリーズ」、小野不由美の「十二国記シリーズ」このいすれかのシリーズレビューをやりたいなと思っております。いずれも10作程度のシリーズなのが助かる。このシリーズのレビューが読みたい!というリクエストがもし万が一あれば、そのシリーズから取り掛かろうと思っております。

これからも当ブロ愚を何卒何卒よろしくお願い致します。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/09/03

『四季 冬』 森博嗣

四季・冬 Book 四季・冬

著者:森 博嗣
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

真賀田四季。

彼女が求め、描いた世界とはどのようなものだったのか。

天才を映し出す『四季』四部作ついに完結。

ついにラスト!

この『冬』についてはもう難しくって、物語の半分も理解できていないことを最初に表明しておきましょう。

『すべてがFになる』からこの『四季』まで、真賀田四季博士に共通するキーワードは“孤独”です。孤独な7をレッドマジックの中に潜ませ、外の世界を手に入れた彼女。外の世界で得られたものは、自由ではなく孤独。

天才と呼ばれ、天才であることを周囲から期待され強要された彼女。彼女が欲しかったのは普通の愛と生活。しかし、その普通を彼女は得ることができませんでした。その要因は…彼女を取り巻く環境?それとも彼女自身?

この『冬』は犀川や萌絵と出逢った世界から100年後の未来。プロローグで犀川と名乗る人物が登場しますが、犀川先生の子孫でしょうか?100年の時が経過しても、四季の肉体は衰えを知らない。スワニィ博士の研究の成果でしょう。しかし、彼女は大人になり、その精神は随分と衰えをみせています。果たして肉体的な死を拒むことが彼女のしあわせなのでしょうか?彼女が最後に流した雨が、その答えだと思います。

この『冬』を私はどう評価してよいか未だに悩んでいます。真賀田四季という天才を掴みきることができない。未来の四季が置かれている環境への理解が追いついてゆかない。これが『秋』で犀川や萌絵に遭遇した5年後くらいの未来であるなら、なんとなくその影を掴むことができたかもしれません。しかし、経過した時は100年。彼女の思考・思想・倫理観は私たちとそこまでの相違がありましたか。しかも、時代はまだ彼女に追いついていない。100年経った未来であっても。

四季のすべてを掴むためには、この『四季』四部作の他に『女王の百年密室』を読む必要があるかもしれませんね。なんてったって、ミチルとの再会が待ち構えているのですから。ミチルと再会することで起こった彼女の変化。それが最後のキーになるのかもしれません。

この『冬』が四部作最後にあることで、森博嗣という作家の大きさがわかるような気がします。決して媚びない。落ちるべきところに落さない。謎を謎のまま残す。評価はまだ保留ということで。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

『四季 秋』 森博嗣

四季 秋 Book 四季 秋

著者:森 博嗣
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「犀川先生は真賀田博士のことをどう思っているのだろう?」

これが西之園萌絵の専らの関心事。

そして、その答えがここに?

これまで四季サイドから物語が綴られていた『春』『夏』と趣向を変えて、西之園萌絵サイドから現在の四季像に迫るのがこの『秋』です。

すみません、さっそくですがこの『秋』も全面ネタバレレビューです。もう口を噤むことはできません。未読の方はとにかくとにかくご注意を!

「古いお友達なのですか?」萌絵は犀川に聞く。
「知り合い」彼は短く答えた。

「知り合い」…保呂草さん残念!!

『秋』を語る上で外すことのできないふたつの出逢い。そのひとつが保呂草&犀川の再会です。いやぁ、犀川先生が保呂草さんに駆け寄り(駆け寄ってないです。妄想です)「あれ?保呂草さん?」「本当に?」と声をかけるシーン。このシーンでは犀川先生はまさしくへっ君でございました。くそぅ、めんこいじゃないか。「ありがとう。覚えていてくれて」と返した保呂草さんも素敵。あの場面(萌絵にひっ捕らえられている)でそんな風に微笑むことは普通できません。いやぁ、ジェントル。

なんかもぉ、四季を追うとかどうでも良くって(おい!)とにかくS&MシリーズとVシリーズの関係を綺麗にしておきましょう!というのがメインではないかと疑ったり。もちろん、その役割もあっての『四季』なのですが、少なくとも私にとってはそれがメインです。

話は戻りまして保呂草&犀川の再会シーン。エンジェル・マヌーヴァの件でツー・カーぶりを発揮する二人。犀川先生がお母さん(紅子)から聞いてる話ってのは、どんな話なんだ、一体。紅子が保呂草さんについて正直に語るとは思えないし…でも、世津子の母親(七夏)が保呂草さんを追い続けていることは知ってるし…泥棒でも友人…あぁ、知り合いだったか。とにかく、いろんな妄想を膨らませるのに充分な再会でした。たった数頁の再会でしたが、その数頁だけでS&M+V=20作を読んだ価値があったというものです。

そして、重要な出逢いのもうひとつが紅子VS萌絵。なぜ“VS”なんだ、自分。堂々たる母親っぷりでした、紅子さん。それに比べて林さん…チキンなんだから。この二人が遭遇して初めて、紅子&萌絵はかなり気が合うかも…と犀川先生の身の危険を感じました。紅子が好きそうですよね、萌絵みたいな女の子は。レスポンスの速さやその思考の飛躍が紅子好み。そもそも、この二人は保呂草さんが『捩れ屋敷の利鈍』で指摘しているように似ている。この二人に迫られたら…犀川先生じゃなくてもタジタジです。「少なくとも、その場に僕はいたくない」と苦笑いした犀川先生の気持ちがよくわかります(よよよ…)

そうそう、出逢いといえば保呂草&各務っていうのもありましたね。逃げられた女を追いかける男…そんな保呂草さん見たくない!私的には各務さんがぞっこん(ふ、古っ!)で、保呂草さんも嫌ではないからいっしょに居る…というような妄想シュチュエーションだったものですから、まさか保呂草さんが各務女史を追いかけてゆくとは。武器を持っていると思った、と捻じ伏せるほどいっしょに居て危険なことは解っているのに、どうしても追いかけてしまう罠。これが恋ってやつですか?保呂草さんには『赤緑黒白』のラストでみせた紅子のナイトをずっとずっと続けていて欲しかったです。紅子と保呂草さんの関係って、本当に好きだなぁ私。

そういえばGシリーズの山吹くんが登場しておりましたね。こんなところに次シリーズへの伏線が。侮れません、森博嗣。さて、ブログジャックも次の『冬』で終了です。『冬』は『夏』『秋』の路線からは大きく逸れてしまいますので(しかも難しい)、こんなノリノリのレビューにはならないと思いますが、きっと今日中にレビューできると思います。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

『四季 夏』 森博嗣

四季 夏 Book 四季 夏

著者:森 博嗣
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

14歳の夏、彼女はひとりの男性に恋をし、そして両親を殺した。

すべては計算し尽くされたこと。

天才に触れる『四季』シリーズ第二弾。

いきなりですが、『四季 夏』のレビューは全面ネタバレレビューとなります。こんな美味しいネタを語らずにはいられません。もちろん、未読の方はご注意くださいませ。

おかえりなさい、保呂草さん☆

この『四季』シリーズを通して、なにが一番びっくりしたかって、各務亜樹良がいつの間にか保呂草さん無しでは生きられない女になっていたことです。保呂草さんと各務女史の間になにがあったのか…それは決して語られることのない物語ですが、彼女が幼少のころに失ったなにかを保呂草さんが補うことができれば素敵だと思います。

しっかし、保呂草さん。四季を誘拐して自らの目的を達しようなんて、末恐ろしい男ですね。保呂草さんといえば「決断が遅く、行動が早い男」だったはずなのですが、今回の決断はとにかく早かった。数分ではないでしょうか?それだけ四季という存在が大きくて、成功率を跳ね上げるファクターに成り得たということなのですが。あのとき、四季に誘われるまま、四季の手を取っていたら、保呂草さんの人生は720°変わっていたと思いますが(結局元に戻ってますよ!)、瀬在丸紅子・各務亜樹良・祖父江七夏という3強女性と対峙を繰り返した軟派・保呂草の中でエマージェンシィコールが鳴り響いた結果が“逃げる”という選択肢だったのだと思います。

そして、3強女性のひとり瀬在丸紅子。今回は四季の精神形成に大きな影響を与えた人物として登場です。紅子から得たスタイルを元に、子どもを身籠った真賀田四季。そして、紅子から産まれたへっ君と死闘(?)を繰り広げるっていうんだから、萌えるなっていう方が無理です。しかし、紅子と林さんの間にどんな変化があったのでしょうか?Vシリーズの頃は指輪なんてしていませんでしたよね?七夏もなんとなく諦め気味と云いましょうか、仕事に没頭することで忘れようとしているように見える。へっ君は現在、林さんの元で生活をしているようですが。“子はかすがい”ってやつですか?

そうそう、へっ君&紅子シーンがようやく登場。へっ君、ちゃんと喜多先生にお母様を紹介しなくちゃ駄目ではないですか。もしこの関係を知らずにこのシーンを読んだら…あぁ、親戚だったのだなぁと思うかいな!絶対に怪しいと思うはず。それはそれで衝撃的だったなぁ。あれ?ん?あれれ?とか云いながら首を捻る自分…容易に想像できて怖いわ。

そして、真賀田四季。彼女のあの気持ちは本当に恋だったのでしょうか?天才と呼ばれ、普通の人間が踏み込むことのできない領域に立ち続ける彼女。そんな彼女にも恋と呼ばれる普通の感情があったのなら…ちょっと素敵かもしれない。彼女の中に存在するすべての人格が拒否しても、押し切らずには居られなかった感情。行動。そして結果。すべてが計算から導かれた結末だったとしても、想定された結果の中で最もバッドなものであったと思いたい。あれがハッピィな結末であったのなら、真賀田四季、貴女は哀しすぎる。

それでは次回は夢の競演が果たされる『秋』です。これがまた最高です。再びネタバレレビューでお逢いしましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『四季 春』 森博嗣

四季 春 Book 四季 春

著者:森 博嗣
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

天才・真賀田四季。

『すべてがFになる』よりも前、幼い彼女の前に現れた透明人間。

真賀田四季の世界に触れる『四季』シリーズ第一弾。

ようやく『四季』まで辿り着きました。

『四季』は春夏秋冬の4作で構成されておりますが、基本スタンスとして4作すべてで1作という扱いであるため、レビューが非常に難しいですね。作品の根底に流れる謎については『冬』で取り扱うとして(『冬』は『冬』で独立していると個人的に思っているのですが)『春』『夏』『秋』では細かい細かいレビューをやってゆこうと思っております。

『四季』は2ヶ月に1冊ずつ刊行というスタイルだったため、私は4作揃うまで読まない!とそれを封印しいていたのですが…『秋』を購入し、鞄に納めようとしたときに飛び込んできた“保呂草”という文字に過剰反応し、その日のうちに『秋』まで読破したという苦い思い出があります。『冬』は独立しているため、まぁ支障なかったかな?とも思いますが、『冬』の発売まで本当に長かったですね。

この『春』は四季の幼少時代について描かれておりますが、Vシリーズのメンバが何名か登場。『赤緑黒白』に登場したNMIの佐織や、謎の組織に所属する各務亜樹良、そして瀬在丸紅子との出逢いが四季サイドから描かれております。

この四季サイドというのが、侮れません。真賀田四季といえばいくつのも人格を所有する要注意人物。『春』ではすべて栗田基志雄の視線で、幼少の四季が描かれております。基志雄は『すべF』でもコンピュータに署名を残しておりましたし、それだけ大きな存在であることがわかりますね。ただ、その基志雄とこの基志雄が同一人物なのかどうかは…うむ、侮れませんな。

そして、四季が自ら接近を試みる透明人間。この透明人間が『春』のキーパーソンなのですが、まさか四季にお○様が居ようとは…。こんなこと、これまでのシリーズのどこにも描かれていなかったと思うのですが。この透明人間を主軸とした密室殺人事件が1本収録されているのですが、これはまぁオマケですよね。この透明人間にまつわるラストが、四季が初めて感じた挫折ではないかと思います。世界はすべて彼女の手中にあったのに、彼女こそが世界の神であったのに、神ですら制御できない動きがあったこと。彼女にとって彼は、世界を構築してゆくのに無くてはならない存在だったのに、それを失ってしまったこと。この喪失によって、彼女の世界構築は何年…いや何ヶ月遅れてしまったのでしょうね。

とにかく、『春』1作だけでは『四季』シリーズを語ることはできませんね。さっそく『夏』と『秋』の萌えずにはいられない2冊を読破したいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/09/02

イチキューイチキューイチキュー字牌

なんちゅータイトルやねん、自分。

Vシリーズのベスト10をやるのに、タイトルはどうしようかと悩むこと5分。阿漕荘メンバが揃ったならば、やっぱり麻雀!と麻雀の役の名前をつけることはすぐに決まったのですが、じゃあなんの役にするんだと。天和(テンホウ・配牌で上がっちゃった!)なんかもVシリーズらしくって良いなと思ったのですが、国士無双の響きと馴染み易さと故事そのものの意味を考えたときにこちらかな、と。そうそう、昨日脳トレ(DS)をやっていたら、四字熟語問題で国士無○(双の字を答える)が出たのも無関係とは云い切れません。

さて、前置きが長くなりました。Vシリーズベスト10の発表です。

 1. 恋恋蓮歩の演習(6作目)
 2. 人形式モナリザ(2作目)
 3. 黒猫の三角(1作目)
 4. 捩れ屋敷の利鈍(8作目)
 5. 魔剣天翔(5作目)
 6. 朽ちる散る落ちる(9作目)
 7. 赤緑黒白(10作目)
 8. 夢・出逢い・魔性(4作目)
 9. 六人の超音波科学者(7作目)
10. 月は幽咽のデバイス(3作目)

こんな感じでしょうか。『れんれん』の1位は不動なのですが、今回も『モナリザ』と『デルタ』は悩みましたねぇ。4~6位だって、どれも好き。S&Mシリーズに比べて、個人的に好みの作品が多い。デバイスはちょっと除外…としても、読む時期や状態によって順序が入れ替わるであろうことが容易に想像できます。

やっぱりVシリーズの良さはキャラクタの多様さにあるのだと思います。私は阿漕荘メンバ4人、みんな好きです。保呂草さんは別格としても、紅子もれんちゃんもしこさんも好き。林さんの前で少女のように微笑む紅子は誰よりも素敵だし、哀しいときにしっかりと涙することの出来るれんちゃんも、いつでもどんなときでもその関西弁で場を和ませてくれるしこさんも、本当に良い子。森川くんだって、七夏だって、立松くんだって、みんな素敵。ここまで憎めない奴等の登場するシリーズって、なかなか無いと思います。

そして、謎の有り方がとてもシンプルで、解かせようとする森先生の意図が感じられる。謎の見せ方は言葉で煙に巻かれていて、決して容易に見渡すことはできないけれど、紅子や保呂草さん、れんちゃんのちょっとした一言が風となり、謎を取り巻いていた雲が晴れたときに、思わず膝を打ってしまうシンプルな謎たち。ミステリを読んでいて、ぞくっとする感触(ぞっとする感触ではなく)が一番気持ち良いと思っている私ですが、このVシリーズはその感触を何度も味あわせてくれました。感謝。

もっともっとVシリーズを読んでいたかったけれど(本当は15作の予定だったと風の噂で聞きました)『四季』や短編、Gシリーズで垣間見る彼等の活躍でいまは満足しております。また彼等が阿漕荘で麻雀をする日が来ますように。

国士無双とかやってのけるのは、やっぱり紅子さんだと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『赤緑黒白』 森博嗣

赤緑黒白 Book 赤緑黒白

著者:森 博嗣
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

死体にスプレー缶で色を着けてまわるペインタ殺人事件が発生。

赤、緑、黒、白と次々に死体が彩られてゆく。

Vシリーズ最終巻にして、衝撃のラスト。

ラスト5!!

ついにVシリーズ終焉まで辿り着きましたか。『四季』四部作については一段組な上、息もつかせぬスピード展開で、あっと云う間もなく読めてしまうことが実証済ですので、もうゴールテープが見えてきたと云っても過言ではないでしょう。今週末中に…は勿体無いから止しておこう。

さて、この『赤緑黒白』は衝撃的な出来事が多数起こっておりますので、そのあたりは後程、ネタバレ警告をしてからたっぷり語りたいと思います。たっぷり。このネタバレがやりたくて、ここまで読んできたと云い切っても良いです。

森博嗣作品は、シリーズ1作目と10作目がリンクするという特徴があります。S&Mシリーズの『すべF』と『パン』はかの天才が、Vシリーズでは特定の人物ではなく殺害の動機がリンクしています。殺してみたいという衝動がすべてのきっかけで、その衝動を一般レベルに広く理解させるためになされたオプションがぞろ目やペインタ。そもそも、そんなオプションを付けなければ、衝動的な殺人を続けていけば、彼等は一生捕まることなく快楽を享受することができたのに、なぜそのような理由付けをせずにはいられなかったのか。『デルタ』ではその理由を「自分自身を抑制するために」、『赤緑黒白』では「自分の存在が有益なものであるとアピールするために」と表現されております。この理由付けを考察するたびに、彼等ふたりの殺人者は「天才ではなかった」んだな、と思います。真の天才ならそんな理由付けすら必要ない。一般に理解してもらう必要は無いのです。かの関根朔太がそうでした。そして真賀田四季がそうなります。理由付けをしてしまう時点で、彼等の思想は一般レベルにまで堕ちてしまっている。「自分自身を抑制するために」…なぜ抑制しなくてはならないのか。「アピールするために」…アピールなどしなくとも、気付くべくして気付く真の天才が居るでしょう。彼等は柵を超えてしまったけれども、柵の向こうは必ずしも天才ではない。ならば天才とは一体なんなのか。森作品を読むと、どうしても天才について考察せずにはいられないようです。

さて、よくわからない考察で行数を稼ぎましたので、そろそろネタバレの時間を開始しましょうか。これで、当ブロ愚を開いた瞬間にネタが読めてしまうという心配はないでしょう。配慮が必要なほど、この衝撃は直に感じて欲しいものです。では、ネタバレです☆

犀川先生の少年時代が読めて、私は幸せでございました!

貴方の歪んだ人格もとい捻くれた…って、全く褒め言葉が思い浮かびませんが、とにかく犀川先生の人格形成に大きな影響を与えたであろうこの時期。そりゃ、両親が離婚して、引き取られた母親があんな奇天烈斎な人だったら、あんな風になるわ。喜多先生という友人が犀川先生に出来たことは、まさに青天の霹靂。最高の出会いだったと思います。

というわけで、へっ君=犀川先生。衝撃のラスト、林さんが持ってくる入学祝いに書かれた“○川 林”。○はもちろん犀。犀川林…『デルタ』で紅子さんが仰った「林さんって、変わった名前でしょ」の意味がここで!変わりすぎだよ!これまでの私の人生で、林さんというファーストネームの御仁にお会いしたことはございません。

シリーズを通してこのへっ君=犀川先生に気付くポイントは、瀬在丸紅子のイニシャルがC・Vなのに対し(『六人の超音波科学者』)へっ君が使っていたサッカーボールに書かれたイニシャルはS・S(『朽ちる散る落ちる』でしたか?)。瀬在丸のCでも、林のHでもないSって名字はなんなんよ?ってところでしょうか。

そして、Vシリーズの時代設定が過去であることについて。これは登場人物全員が携帯電話を所有していないことや、『超科学』『ちるちるちる』などで描かれる科学が古く、既に実現しているものがいくつか含まれていることなどで察することができます。つまり、シリーズで常に孤独な作品で有り続ける8作目『捩れ屋敷の利鈍』のみが現在。ダンディズム・保呂草☆と絶叫した私ですが、保呂草さんはあの作品のときに50歳くらいのおじさまだったことになります。そして、『捩れ屋敷』で登場した保呂草さんの古い友人とは犀川先生のこと。20歳近くお歳が離れておりますが、保呂草さんとへっ君の仲の良さはこの『赤緑黒白』でも証明されておりますし、これからレビューする『四季』でも描かれております。

この衝撃のトリックを私が知ったとき(『捩れ屋敷』のあとネットで)は、あまりのことに一晩寝られず、既刊のVシリーズを一気読みしました。指摘されてみると、どれもこれもおかしい。そんなこと全く気が付かなかった自分に嘲笑。皆様はVシリーズのどのあたりでこのトリックに気付いたのでしょうか?ぜひ、お聞かせください。

というわけで、愛しの保呂草さんが阿漕荘を去り、その後どのような世界を見てまわったのかはまた別のお話。『四季』に保呂草さんがメインで登場したときは衝撃だったなぁ。しかも彼女と一緒だっただなんて。れんちゃんとしこさんについても『レタス・フライ』収録の「刀之津~」で語られておりますので、彼等のその後が知りたい方は是非。

この大トリックと保呂草さんの存在が、私の中で「S&MよりもV!」と云い切るすべてになっております。是非、皆様もVシリーズ10作をお楽しみください。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006/08/30

『朽ちる散る落ちる』 森博嗣

朽ちる散る落ちる Book 朽ちる散る落ちる

著者:森 博嗣
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

“あの”土井超音波研究所の地下で発見された密室と死体。

誰がどのようにして密室を作ったのか。そして死んでいたのは一体誰なのか。

死を前にした数学者の本当の狙いとは?

ラスト6!

この『朽ちる散る落ちる』は「纐纈さんのお嬢さんが登場して、へっ君が誘拐され、ラストの保呂草さんがカッコイイ巻」という記憶しかなく、土井超音波研究所が再登場して一番びっくりしたのは私です。『六人の超音波研究所』を読んだときに感じた「あれ?地下室って登場しなかったっけ?」という違和感はある意味、間違っていなかったようです。

この『ちるちるちる』(我ながらすごい略し方)は、くどいようですが『地球儀のスライス』に収録されている「気さくなお人形、19歳」を読んでからお読みになった方が良いです。でないと、れんちゃんの涙の意味も、纐纈のお嬢さんの登場も、デコイチも、すべて色褪せてしまいます。「気さくなお人形、19歳」ほど存在感のある短編は森作品では珍しいですね。

『ちるちるちる』では『黒猫の三角』に登場した数学者・小田原博士が重要なキーパーソンとして登場します。小田原博士の昔話なんて、すっかり忘れていたものだから、素でびっくりしてしまいましたよ。小田原博士は紅子に絶大な信頼を寄せておりますね。そして、小田原博士も紅子も超越している。シャトルの謎と土井超音波研究所の謎、「なにか関係しいているに違いない」とは思っても、ああも容易に結び付けられてはCIAも立つ瀬無しってなもんですよ。ミステリでは「犯人やトリックをなんとなく想像するのと、確信するのでは一と百もの差がある」と(いうニュアンスのことが)云われていますが、紅子には百馬身以上の差を付けられて、ぶっちぎりで逃げ切られた感じです。

そして、今日のへっ君のコーナーをここで!『ちるちるちる』ではこれ以上無い!ってくらいへっ君にスポットが当たっておりますね。へっ君誘拐未遂(狂言?というか唯の勘違い)がこの『ちるちるちる』では起こります。「林さんのためならへっ君を殺せる」というのは紅子の弁ですが、母たる紅子を見ているとへっ君は愛されているなぁと感じます。へっ君は森川くんに車に乗せてもらえるという僥倖に恵まれて、兼ねてからの計画を実行したのでありますが、そこには紅子と七夏と林がみんなで喧嘩をおっぱじめるのではないかという遠慮と配慮がございました。なんて奥ゆかしい小学生…よよよ。へっ君、良い?へっ君はそんなこと気にしなくて良いのよ。林さんはまぎれも無く君のお父様(このへっ君の「お父様」発言にはかなり萌え)なのだし、林さんのことをもっと知りたいと思ったのならどんどん接点を持てば良いのよ。林さんが君を忘れることなどないのだから。君は愛されてこの世に産まれて来たのだから。あぁ、へっ君頑張れ!

そうそう、ラストの保呂草さんがカッコイイ。纐纈のお嬢さんにとって、保呂草さんの手によってもたらされたアレは、どんなものにも代え難い最高の贈り物だったでしょう。さらっとそれをやってのける保呂草さんが素敵☆そんな素敵な笑顔まで贈ってしまったら、纐纈のお嬢さんでなくともお礼をしたくなるってなものです。保呂草さんも素敵な時間を過ごせて、本当に良かったですね。

さて、Vシリーズも次作『赤緑黒白』で終焉を迎えます。伝説のサプライズが控えておりますので、とにかく楽しみ。事件自体は大したことなかったように記憶しておりますが。Vシリーズも10作読み終えた時点でベスト10企画をやってみようと思っております。ブログジャック終了までもう一踏ん張りですなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/08/28

『捩れ屋敷の利鈍』 森博嗣

捩れ屋敷の利鈍 Book 捩れ屋敷の利鈍

著者:森 博嗣
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

エンジェル・マヌーヴァ。それは保呂草が追い求める伝説の宝剣。

保呂草がそれに手を懸けたとき、現れたのは…西之園萌絵!?

S&MとVシリーズがついにリンクする!!

ラスト7にして、この衝撃作がついに!

保呂草VS西之園萌絵!!

この『捩れ屋敷』は発売当初“密室本”として発売され、中身が読めない仕様になっておりました。イヤラシイ雑誌の袋とじを開けるようなドキドキワクワク感を胸に、真っ黒な密室に手をかけたあの頃…中身はその期待に充分に応えてくれました!

ノベルス背表紙のあらすじは私ほどんと読まないので、赤いフェラーリが薄オレンジのビートルを追い越していったときには「まさかっ!」と胸躍りました。そして奇跡の西之園萌絵登場。西之園萌絵登場!いやぁ、密室本第一弾に相応しい、最高の一冊だとその時点で確信しました。まだエンジェル・マヌーヴァどころか事件すら起こってないのに…。

この『捩れ屋敷』で注目すべきは

ダンディズム・保呂草☆

西之園萌絵にすっかり興味を持たれたご様子。西之園萌絵に見え隠れする紅子の影を追っている…と云うほうが正しいでしょうか。その類似点に最初に気付いたのは保呂草ではなく、保呂草の古い友人でございますが。古い友人とは誰なのか?これがVシリーズ最大の鍵でございます(これは本文でも触れられているため、ネタバレにはならないですよね?)しかし、保呂草さん。エンジェル・マヌーヴァを手にしたことで、引退までお考えになっておられるようですが、まだまだ現役ではないですか。西之園萌絵をも魅了する、その手腕をまだまだ活かしてくださいませ。その魅惑のスマイルを私に!!

この『捩れ屋敷』には密室がふたつ(大密室と小密室と名付けましょうか)登場しますが、どちらも遊び心に溢れていて魅力的です。数学の授業では図形が最も苦手だった私は、大密室の構造を理解するのに若干の時間を要しましたが、『捩れ屋敷』を三次元化したモデルをネット上で拝見したことで、かなりクリアになりました。あんなもの本気で建設しようなんて、正気の沙汰じゃない。一度くらいならお邪魔したいかな?と思いますが、あんなところで瞑想するなんて真っ平御免ですね。忍者屋敷の斜め部屋ですら、ちょっと酔ってしまうのに…。その点、小密室の方は遊び心がそのまま具現化した可愛らしいもので、金持ちの道楽と表現するのに相応しいと思います。観察する時間さえ与えられれば、きっと解けるでしょう。だからエンジェル・マヌーヴァを私に下さい。そのまま保呂草さんにプレゼントする可能性は無視していただけると助かります。

って、長々と密室について講釈を垂れましたが、この『捩れ屋敷』の問題作たる所以はそんなところにはございません。なぜ紅子が「西之園萌絵に近づいてはならない」と保呂草に釘を刺したのか。そして、なぜ保呂草はその忠告に素直に従ったのか。本作に登場する保呂草の古い友人とは一体誰なのか。謎を残したままVシリーズは終焉へと向かいます。すべてが明らかとなる衝撃のラストまであと2作。しびれる…。

今日のへっ君は本作ではお休みさせていただきます。

| | コメント (5) | トラックバック (3)

2006/08/27

『六人の超音波科学者』 森博嗣

六人の超音波科学者 Book 六人の超音波科学者

著者:森 博嗣
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

瀬在丸紅子、小鳥遊練無が招待された超音波科学研究所で殺人事件が発生。

唯一のアクセス経路である橋が爆破されて?

Vシリーズ7作目。雪の(?)山荘もの!

ラスト8!

森作品はどの順から読んでも差し支えない…というのが森先生の弁ですが、この『超科学』(なんて略し方!)は『地球儀のスライス』に収録されている「気さくなお人形、19歳」を読んでからの方が良いと思われます。読んでいないと、れんちゃんがこの研究所に招待された経緯が掴めない。「気さくなお人形、19歳」を読んでおいた方が良い作品にはVシリーズ9作目『朽ちる・散る・落ちる』というのもありますが。

さて、この『超科学』はストーリー展開がとても魅力的なのに対し、その解決が私のとても嫌いなものであるという理由から、敬遠していた作品のひとつです。再読してみて「結構アリかな?」とは思いましたが…『れんれん』と『捩れ屋敷』という私の中でもアツイ(その理由はもちろん彼です)2作に挟まれているため、やっぱり印象には残り辛い。

『超科学』にはかなりショッキングな出来事もありますしね。れんちゃん…もう危険なことからは足を洗ってください。紅子&保呂草は危険過ぎます。麻雀なら森川くんとネルソンとやってください。

この『超科学』の内容紹介で私は“雪の山荘”ものであると紹介しておりますが、この作品群の特徴として警察の科学捜査が介入しないという犯人側の利点があげられます。でも、その利点は一時的なものであって、時間の経過とともに利点は欠点へとスライドする。科学捜査を排除したい多くの理由は、科学捜査を行えばすぐさまトリックや犯人を特定できてしまう可能性があるからです。ならば警察の突入までにその証拠を隠滅してしまえば良い?しかし、完全にその証拠を始末することが可能でしょうか?警察の科学捜査ってその程度のお粗末なものなのでしょうか?私はこの“雪の山荘”ものがその場凌ぎの浅はかな案に見えてしまってならないのです。いや、ミステリファンとして、ついゾクゾクしてしまうんですけれどね…。

この『超科学』はVシリーズに仕掛けられた大トリックを解明する上で、解り易い・キーとなる作品かもしれません。理系の方ならすぐに気付けるかもしれない。完全文系の私には無理でしたが…。

次回はシリーズ8作目『捩れ屋敷の利鈍』。S&Mシリーズ8作目『今はもうない』と同様に、孤独な作品と云えましょう。犀川&萌絵の再登場もありますし。楽しみ楽しみ☆

さて、最後に今日のへっ君のコーナー。えーっと、長い棒が云々なんておっそろしいことを小学生の身空でお考えになるのはお止めください。弾力性がどうしたなんて仰られても、私きっと理解できません。もし貴方とふたりっきりになったら、きっと私は「馬鹿な大人だな」と思われてしまうのでしょう。それとも、既に貴方にとっては大人はすべて馬鹿ですか?

| | コメント (6) | トラックバック (3)