●ガラスの仮面

2007年3月29日 (木)

『チョコレートコスモス』 恩田陸

チョコレートコスモス Book チョコレートコスモス

著者:恩田 陸
販売元:毎日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

舞台の上には魔物が住んでいる。

その魔物に魅せられたふたりの少女。

天才と“呼ばれる”少女と天才少女。奇跡の舞台はいま幕が開く。

まさに…

恩田陸版「ガラスの仮面」!!!

「ガラスの仮面」新刊は未だか未だかと、半ば諦めの境地に陥っておりました私。いやぁ、こんなところで「ガラスの仮面」を読むことができるとはっ!(←違うから!きっと恩田氏もそんな読み方じゃ不本意だから!!)でも、読めば読むほど「ガラスの仮面」だった本作。

恩田陸氏とはちょっと距離を置こうと決めた(合わないかもしれないと思っている)私でしたが、“『チョコレートコスモス』は「ガラスの仮面」らしい”という評判を聞いていてもたってもいられなくなりました。「よ、読まねば。この作品を読まずして何を読む!」という強い意志を持って頁を捲ると…出た!北島マヤが居た!!

もうねぇ、佐々木飛鳥(主人公)という文字は北島マヤに、東響子(ライバル)という文字は姫川亜弓に自動変換されるから不思議です。私は物語を自動的に映像化して読む癖があるのですが(右脳左脳という記事に詳しい)、動く彼女たちはまるっきりマヤと亜弓さんの姿をしておりました。超、愉しかった!!!

マヤ(違う!いま自然にキーを打っていて自分でもびつくり)飛鳥の演技を始めて目の当たりにした仲間たちの反応。まさに雷に打たれたような、突風が吹き荒れたかのような、「この子は天才かもしれない」という心のざわつき。まさに月影先生がマヤを見つけたときの反応そのままです!役に入り込むときの飛鳥のつぶやき…まさにマヤの「ブツブツブツブツ」そのままじゃないですか!!そして、天才子役から天才女優へと変貌を遂げる“努力家”のライバル東響子は亜弓さんの生き写し!!!この作品を「ガラスの仮面」と呼ばずしてなんと呼ぶ!!!!

はぁ、興奮してしまいました。でも、この『チョコレートコスモス』を読んでも「ガラスの仮面」のオマージュどころかそのまんまじゃん!という不快感は感じませんでした(さっきから“そのまま”を連呼しておりますが、決して悪意を持ってのことではない)。なんでだろ?こんなに同じなのに。愛しの“紫のバラの人”が出てくる出てこないの問題ではないんだよなぁ。思わぬところで「ガラスの仮面」の新刊が読めたという感動でもない(笑)なんだか不思議。好きです『チョコレートコスモス』。

この続き、描かれるのでしょうか?すんごい読みたいすんごい読みたい。飛鳥と響子の対決がどんなものになるのか。幕が開くまでにどんな紆余曲折があるのか。ふたりはどんな風に火花を散らしあうのか。飛鳥はその最大の欠点を克服することができるのか。

なんだか、『チョコレートコスモス』のレビューになっていないような気がしますが、あらすじが知りたい方は是非「ガラスの仮面」をどうぞ。とにかくおもしろい。『夜のピクニック』に並ぶ恩田氏の代表作になりそうな予感。そして、このまま「ガラスの仮面」42巻まで徹夜一気読みを敢行してしまいそうな予感。

ガラスの仮面 (第42巻) Book ガラスの仮面 (第42巻)

著者:美内 すずえ
販売元:白泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2006年6月18日 (日)

ガラスの仮面 第48話 「夢の一夜」

GyaOで放送されているアニメ「ガラスの仮面」。

もはや伝説となりつつある(←お前だけだ)マヤと速水さんがふたりっきりの山小屋で愛を確かめ合う、あの回がついに放送されました!

物足りねぇ!!

あの山小屋のシーンにはたっぷり一回分は使って欲しかったところですが、ものの5分で終了してしまいました。

超物足りねぇ!!!

眠るマヤを抱きしめながら、悶々とした辛い夜を過ごす速水さんの苦悩を、これでもかっ!これでもかっ!!と演出して欲しかった。

名台詞「おれも男だからな。責任がもてなくなるかもしれんぞ」と、すでに責任がとれなさそうな顔しておっしゃる速水さんの表情を!「もはやこれ以上待てん!」と云わんばかりにマヤをグッと引き寄せる速水さんを!あぁ、もっともっと速水さんを苛めて欲しかった…。(←変態ですね)

せめてマヤに熱いキスをするシーンくらいは入れてくれ!!

本物の夢の一夜はこちら↓

ガラスの仮面 (第37巻) Book ガラスの仮面 (第37巻)

著者:美内 すずえ
販売元:白泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この表紙だって、抱きしめ合うのは亜弓さんではなく、速水さんにして欲しかった…。

2006年4月23日 (日)

「ガラスの仮面」鑑賞会

ガラスの仮面 第1幕 DVD ガラスの仮面 第1幕

販売元:メディアファクトリー
発売日:2005/09/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

先週はコミック(原作)の一気読み、今週はドラマの一気観でございます。(アフィリは出てこなかったのでアニメ版です)

近所のレンタルビデオ屋にはpert2しかなくって、芸能界追放編からのスタートです。でも、真澄さまとの恋愛が発展し始めるのがこのあたりだから、まぁいっか。97年製のドラマですから…むにゃむにゃむにゃ。

さて、注目ポイントをいくつか。

まず、速水パパが筒井康隆先生でしたか!?最近では『富豪刑事』でもお馴染みの筒井先生ですが、まさかこの作品にも鬼畜役で登場しているとは。筒井先生、奥が深いぜ。

そして、紫織さんが超性悪!超性悪!!怖いよ、紫織さん。コミックの紫織さんはマヤにしっとしつつも健気に真澄さまを追いかける、邪魔だけど憎めないキャラでしたが、ドラマ版紫織さんはだたの嫌な女じゃないですか。マヤ、遠慮しないでうばっちゃいなさい。

さらに、なぜか登場河相我聞!この当時が人気絶頂のころだったのでしょうか。ドラマオリジナルキャラで登場。あんたのせいで、コミック以上にマヤが苦労させられているのを観て、かなり苛々させられました。河相我聞がマヤとラーメンを食べているシーンを観て、彼は未来を予知していたのだな…とちょっと切なくなりました。

そうそう、すごいね亜弓さんの普段着。あんなのなかなか着れないよ。あんなでっかいイヤリングしてたら耳たぶ伸びちゃうよ亜弓さん。ただ、コミック版の亜弓さんを忠実に表現しようとしたらああなるのでしょうね。そうそう、服装といえば、マヤのスカートいっつも短すぎではありませんか?

あとは、印象薄いぜ桜小路くん!真夏の夜の夢のあとにとびきりのスマイルで登場したと思ったら(ロンドンに行っていたなんて設定忘れていたよ)、真澄さんとマヤをめぐってバトルすることなく、スチュワートとしての出番もほどんどなく、なんのために登場したの?というくらい存在感無かった…。小橋くん、なかなか好きなだけにショックだぜ。

それとね、これでもかっ!と言わんばかりの真澄さんの紫ネクタイ。俺の気持ちに、存在に早く気付いてくれ!という出来る限りのアピールですか?マヤは鈍いからねぇ、そのくらいのアピールじゃまだまだですよ。マヤだったら、胸に紫の薔薇を挿していてもスルーやもしれません。

全体に横たわる昼ドラタッチの作風も非常に気になりましたが、昼ドラ好きだからまぁいいや。でも、テレビが一台しかないからといって無理矢理観たくもないドラマを観せられた同居人は、あの非現実っぷりに吐き気がするとおっしゃっておりました。まぁ、野生を手に入れるために着の身着のまま山に向かう奴はなかなかいないし、そこで野生を掴んだからといって崖っぷちで遠吠えする奴はほぼ皆無でしょうな。

でも、原作に基本的に忠実で、キャスティングも絶妙(特に真澄さまね☆)でしたので、やっぱり名作だと思います。どうやら知らない間に二時間ドラマで完結編をやっていたようなので、早速レンタルビデオ屋さんでチェックすることにいたします。

皆様も是非ご覧くださいませ。

2006年4月16日 (日)

はっ、早く続きを!!!

ガラスの仮面 (第37巻) Book ガラスの仮面 (第37巻)

著者:美内 すずえ
販売元:白泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

大人買いをしました『ガラスの仮面』を一気読み。

やっぱいいっ!!!

マヤVS亜弓さんの紅天女ライバル対決ももちろん見ものなのですが、私の心を捉えて離さないのは

真澄VS桜小路くんの恋敵対決です☆

高校生の頃からバリバリの真澄さん派だった私は、今回も37巻の真澄マヤらぶらぶシーンにすっかりやられてしまいました。

というか、真澄さんが醸し出す大人の魅力にノックアウトですよ。

はぁ…たまらん。

でも、42巻を読んでいたら(高校生の時はまだこの巻は発行されていなかった)桜小路くんも随分と良い漢になって。

はぁ…たまらん。

早くこの恋敵対決に終止符を打って、マヤを幸せにしてやってください。

漫画を一気読みしたら、次はドラマが観たくなってきましたよ。

ドラマ版は真澄さんが田辺誠一さんで、桜小路くんが小橋賢児くんなんですよね。どちらの御仁も私の超好み。最高のドラマだったなぁ。

はぁ…たまらん。

とにかく早く続きが読みたい!

新刊プリーズ!!

2006年4月11日 (火)

大人買い

ガラスの仮面 1 (1) Book ガラスの仮面 1 (1)

著者:美内 すずえ
販売元:白泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

大人買いしちゃいました☆

GyaOでアニメ観てたら、どうしても全巻読みたくなっちゃって、そのままオークションに飛びました。

到着まで待てない!(まだ支払いどころか出品者からのメールも無いのに…)

前回の大人買い・のだめ(12巻)より安く買えちゃったよ。

無料ブログはココログ

ブロ愚内検索

企画

ページランキング

読書メーター

  • まじょ。さんの読書メーター
  • まじょ。の今読んでる本