書籍・雑誌

2018/01/03

『ドローン探偵と世界の終わりの館』 早坂吝

ドローンという最先端の技術をうまく使った意欲作ですが、バカミス感が抜けないのは何故だろう。

作者が読ませたかったトリックの部分にはまったく思い至りませんでした。トリッキーですが解説されてみれば確かに、と頷ける内容。あんなにクリアに会話できる?と思いましたがノブレス・オブリージュで最先端のものが用意されているのでしょう。

冒頭の利き手に関する記述に違和感があり、これが犯人特定に一役買うんだろうな…と察することができたので犯人は事件が起こる前からわかってしまい残念です。

北欧神話が物語に絡んできたりするのは好きです。ですが今回登場する7人の学生、ドローン探偵も含めて誰ひとりとして好感を持てませんでした。玲亜と零の関係に至っては…あまり良い言葉が並びそうにないので自粛。

尚、早坂吝の代名詞であるエロは今回ないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/22

『7人の名探偵 新本格30周年記念アンソロジー』

タイトルまま、新本格を牽引してきた7人の作家によるアンソロジーです。表紙の7人のイラストがらしくって嬉しくなっちゃいますね。でも、中身はもっとらしいんですよ。

個人的ベストは我孫子武丸の「プロジェクト:シャーロック」。割と本気でこんな未来あるかも!と思いました。

メルカトル、作家アリス、法月綸太郎の新作が読めるのはただただ嬉しいです。どの作品も短編にも関わらずいろいろと捏ねくり回していて、ああ新本格…!と噛みしめて読みました。

そしてラストの綾辻。ファンサービスな1作ですが有栖川と麻耶の扱いの差がw 完全なるフィクションだとツイートされていますが、ミス研周辺の力関係ややりとりはリアルなんでしょうね。ってことはやっぱり麻耶がwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/03

『二重螺旋の誘拐』 喜多喜久


読了から10日以上経っているので忘れかけている部分もありますが。タイトルの通り誘拐モノです。警察は出てきません。

(ここからネタバレします)叙述トリックがふたつ仕掛けられています。ふたつの誘拐が起こった日付とマナちゃんの存在。このどちらについてもトリックが登場した瞬間に「ああ、こういう趣向か」とわかってしまったのはなぜだろう。あからさま過ぎたわけでもないと思ったのですが。叙述が出てくるたびにニヤニヤしながら読むのは好きです。でも最後に世界をひっくり返されるのはもっと好き。

(本物の)マナちゃん誘拐事件の犯人が妻であることが判明したところがピークだったと思います。父親との確執とか暗躍とかはやや微妙かな。

文庫版の表紙はハードカバーより犯罪のニオイがしますね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/08

『バチカン奇跡調査官 千年王国のしらべ』 藤木稟

奇跡調査官シリーズ第4弾。まさかのオチ。真面目に読んでいたら壁本ですが、第4弾まで読んできた読者なら余裕で楽しめると思います(褒めてる)

(ここからネタバレします)どんなに優秀な催眠術グループでも何年もの間、数百人もの人間に催眠術をかけて誰にもバレないというのはあり得ないと思うのですが、そこを突っ込むのは野暮というもの。そこをまるっと呑んだ上でこの作品をレビューするなら、平賀とロベルトが時間を盗まれている描写をもっと読者に提示しれくれたらミステリ度が上がって嬉しいですね。ヒントになりそうなのはロベルトのガブリエルくらいでしたので。もう少しあって良いと思います。

ロベルトは信仰心が薄い(本人談)ので奇跡認定に精神的な障害があるという件はとても良かったと思います。その障害を乗り越えるのが平賀の生還というのも筋道として受け入れやすかったですね。

第5弾はどんな荒唐無稽な物語なのか。今からとても楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/01

『鬼畜の家』 深木章子

保険金詐欺を繰り返す鬼畜な母親とその家族を追いかけるミステリ。

関係者へのインタビュー形式で物語が進み、徐々に真実が明らかになる仕組み。改めて考えるとインタビューが時系列だったのでとても読みやすかった。(ここからネタバレします)利き手の伏線には気付いたが、そこから発想を転換するに至らず正体は読み切れませんでした。おかしなところは確かにあったのです。父親の殺害に関与したにも関わらず壊れなかった姉(確かに壊れてはいたのですが)。いくら優秀な姉が教えてたとは言え、やはり社会に慣れるに早すぎる妹。

そして多田母へのインタビュー。あれを看破するのは無理なのかな。敢えて挙げるなら冒頭に榊原の名前が出ていない点だと思うのですが、あれだけで別人を疑えというのは無理な話でしょうか。

細やかな伏線が気持ちの良い作品。読了感もタイトルほどには悪くない。読みやすく、おもしろい一冊でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/28

『つれづれ、北野坂探偵舎 著者には書けない物語』 河野裕

シリーズ第2弾。バラバラになった舞台脚本を並べ替え、欠けた部分を補うというのがメインのストーリー。そこに作者らしい登場人物の心の揺れや葛藤が描かれています。

舞台の内容が暗喩を用いた文学的なものだったのが個人的に苦手でした。雨坂の書く作品は読めないタイプだと自覚しています(笑)

今回はとても印象的なやりとりがありました。デビュー作は特別という件に出てきた「天才が、凡人に歩み寄らないでください」という言葉。とても良いです。作家としてデビューすることで読者を意識するようになり、個人の我儘が損なわれ、「もっとも鋭利な一欠片が、僅かに削れて丸くなる」。凡人の私でもよくわかる論理です。そして作家に掛ける言葉も同じくなるでしょう。

ちなみに↑の感想のなかに本作の鍵となるフレーズが入っています。伏線ってやつですね(違う)

作家と編集者、ふたりの過去・目的が明らかになり明らかに加速した物語。続きが気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/22

『教場2』 長岡弘樹

前作と同様の趣向。だた、読了後に後味が悪いとは思わなかったのは最後の話が爽やか(良い話)なのと全体的にマイルドになっているからですね。巧いこと隠して生きてきたはずの負の部分をああも見透かされるというのはさぞ背筋が冷たくなることでしょうが。

個人的ベストは「敬慕」かな。女の嫌な部分がよく書かれていました。好き。あとは桐沢の話し方とか在り方がなんとなく好きです。

ミステリ好きとしては講義の形で書かれる捜査テクニックが気になって仕方がない。厳しい訓練は嫌ですが、座学だけなら1日体験入校したい。即効で風間教官に追い出されそうですが。

現役時代も凄腕だったという風間教官。彼はどんな事件に関わり、どう捜査をし、どう犯人と対峙したのか。ぜひ風間刑事の物語が読みたい。そして今はなぜ警察学校にいるのか。いつか読めるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/12

『つれづれ、北野坂探偵舎 心理描写が足りてない』 河野裕

アニメ「サクラダリセット」視てます。1クール目はかなり厳しかったですが、2クール目15話くらいからの怒涛の展開は素晴らしいです。伏線しかない。脱落しなくて本当に良かった。

そんな「サクラダリセット」のCMで興味が湧いたので読んでみた本作。幽霊が視える編集者(左)と幽霊を追い求める作家のコンビものです。シリーズ第1弾は連作短編集と言えなくもない作りの長編で、各章でしっかり伏線張られています。伏線大好き。伏線が綺麗に回収される快感が欲しくてミステリを読んでいると言っても過言ではない。

そんな伏線だらけの中に編集者と作家の独特なやりとりが挟まってくるわけですが、これがなかなか洒落ていておもしろい。好き嫌いは分かれると思います。個人的には大好物です。パスティーシュもウエイトレスにしておくには惜しい人物なので、そのうち何者なのか明かされると思います楽しみ。

編集者の目的はつまるところ作家に物語を書かせることだと思いますが、作家の目的は未だ掴めませんね。なぜ「紫色の指先」を追いかけているのか。何巻くらいで明らかになるのでしょう。気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/10

『バチカン奇跡調査官 闇の黄金』 藤木稟

奇跡調査官シリーズ第3弾。

第1弾は平賀、第2弾はロベルトの物語でしたが第3弾はまさしく平賀&ロベルトの物語でした。平賀は科学的な分野から、ロベルトは暗号(古文書)の分野から奇跡にアプローチし謎を解く。どちらかに極端に偏ることなくまさにバディという感じでした。

凍死の謎だけはどうかと思いましたが。

表紙のジュリア司祭に関しては言葉で分かりあうことは100%無理でしょうね。育ち方、生き方、考え方そのすべてが違う。言葉も通じているかのようで通じていないのでしょう。そんな彼とどんな決着をつけるのか今から楽しみです。それにしても組織が大きすぎる。

ミステリ好きなので事件が起こり、それを追いかける展開はもちろん嬉しいのですが、がっつり奇跡調査という作品も読みたい。短編の方が望んでいる形に近いのでしょうか。短編を読むのも楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/07

『長い長い殺人』 宮部みゆき

登場人物の財布を語り部に保険金殺人事件を追う異色のミステリ。

語り部が財布であるがゆえに視ることができないもどかしさだったり、財布に小物や大切なものを入れる人が多いことを活かした描写があったりと物語の肝以外の部分も楽しめた。財布は購入者(選んでくれた人)を大切にする傾向があるようです(笑)

最終的にどんな物証で彼らの罪が暴かれるのかと期待して読んだが(ここからネタバレします)結局は罠に嵌った共犯者の供述からとは。犯罪に関わる人数は少なければ少ない方が良い派なので、殺人を専門に請け負う(立場の違う)共犯者がいたのは少し残念。でも、叔母さんを嘘で呼び出した人物がいることを考えると共犯者の存在は中盤から明らかだったんですよね。

皆がつらい作品だが、叔母を亡くした少年がやはり一番気にかかった。大人が信じられなくなりそうで。エピローグが彼をケアするために書かれていてとても良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧