書籍・雑誌

2018/10/14

『棲月 隠蔽捜査7』 今野敏

シリーズ第7弾?第9弾?

事件はとんとん拍子で進むので物足りなく感じるが(以下ネタバレ:ハッカーがSNSを乗っ取って云々はわかるが、サーバー攻撃との関連がご都合展開に思える)大森署長になってからの竜崎が培ってきたすべての集大成といった1冊。戸高や根岸を始めとする大森署員との信頼関係あふれる描写が本当によかった。

辞令が出て狼狽する竜崎を可愛らしく思えるのはシリーズをここまで追いかけてきた読者の特権。家族、特に妻である冴子とのやりとりもいい。シリーズ当初、この夫婦にここまでの安定感はなかったはず。

神奈川県警刑事部長となる竜崎をどんな事件が待ち受けているのか。警視庁をライバル視する部下たちを正論でバッタバッタと切り倒し、伊丹と共同戦線を張る未来が見える見える。続きが気になる良シリーズ。これからも期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/13

『十二大戦対十二大戦』 西尾維新

『十二大戦』続編…ではなく、ハンドレッド・クリックで示された十二大戦の新たなルート。あったかもしれない十二大戦。つまり100冊出せるってことですね。

25人のキャラを活かすにはページ数が足りない。前回のルートで早々に脱落した面々が活躍してくれたのは嬉しいけれど、推しの活躍もやっぱり読みたい。申と猪は良かったけれども。うーん、バトル物としてもキャラカタログとしてもいまひとつ。

個人的には某漫画の影響でネタ化している蟹が格好良かったのが良かった(私はかに座ではありません)

中村光の表紙絵は今回も素敵、さすが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/09

『友罪』 薬丸岳

少年犯罪ものと言えば薬丸岳がすっかり定着しましたね。映画も未鑑賞です。

重たい内容でしたが、読み始めたら止まらなくなりました。登場人物それぞれがとった行動についての是非を語るつもりはありませんし、自分がその立場になったとしてもどうするのが正解なのかなんてわからないと思います。登場人物全員の気持ちがわかる。わからない部分があっても、わかる部分もある。殺人を犯した青柳少年の気持ちはわからないけれど、鈴木の気持ちには頷ける部分もある。

考えさせられる1冊。重苦しい作品ですが、読了はわりと爽やかです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/08

『長い家の殺人』 歌野晶午

歌野晶午のデビュー作。

トリックが分かり易すぎる。ミステリを多少読み慣れた人なら最初の略図だけでトリックがわかってしまうかもしれない。某ゲームでも同様のトリックが使われていましたが、いつも思うのは数を数える癖のある人がいっしょでなくて良かったということ。犀川先生とか。

警察の描写がとにかく古いなど突っ込みどころは多いが、新本格らしい意欲作だとは思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/07

『『アリス・ミラー城』殺人事件』 北山猛邦


(全面的にネタバレしています)
再読。私は叙述トリックが大好きで、大抵の作品は前のめりで絶賛するのですが、この作品はアンフェアだと考えています。

作者のやりたいことはわかります。アリスという人物がいないものと(読者に)誤認させる。一部ではその思惑は成功していると言えます。でも、やはり違和感のある部分が多すぎる。

窓端が殺された事件で、海上が「事件現場でアリスを見た」という重要な発言をしているのに皆が皆、それどころか海上自身もそれを無視する合理的な説明が欲しい。海上がすっかり発狂しており、その発言に信憑性がないという主張はわかります。であるならば、登場人物の誰かにその旨を発言させる必要があると思うのです。なぜ海上の発言を重要視しないのか、推理として除外するのか、彼らが作中で探偵を名乗っている以上はそれをしなくてはならないと私は考えるのですがいかがでしょう。

また、ラスト直前で无多&入瀬と古加持が4つの駒が並んだチェス盤の前で話すシーンがあり、兵卒から女王になった駒が入瀬だと指摘するシーンがあります。その指摘をした上で尚、古加持は无多&入瀬が犯人であると疑い怪我を負わせます。ここでも強い違和感が。疑心暗鬼になるのはわかります。でも、目の前のふたりよりも先に疑う人物がいるでしょう。チェス盤を仲良く移動していたふたつの駒が无多&入瀬だと思っているならば、自分が犯人ではないと知っているならば、もうひとり姿の見えない(死体も発見されていない)アリスが黒の駒=犯人である可能性を一言も指摘しないのはおかしい。

登場人物たちが徹底的にアリスを無視しているようにしか見えない。親友であるはずのルディがアリスの無事を一度も願わないのも変です。きっと彼らも考えていなかったわけではないと思うのです。その思考が作者によって意図的に削除されただけで。でも、それをしたことによって彼らが無能な探偵に見える。それがとても残念です。

残念ながらこの叙述トリックは強引すぎて、私は引き込まれませんでした。その反面、密室の作成方法や斧の振りおろしなど、物理の北山らしいトリックのためのトリックにはワクワクしてしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/01

『悪徳の輪舞曲』 中山七里

大好き御子柴シリーズ第4弾。今回、御子柴が弁護するのは実の母親。どんどんと御子柴の棘が削れて丸くなってゆく。悪くはないが少しむず痒い。まるで思春期の少年のようなんだもの。

事件の真相に気付いたのは200ページを過ぎたあたり。なにが刺激になったのかわからないがふっと降りてきて、急いで冒頭に戻った。今回、御子柴の反証(どんでん返し)が始まるのが残りページがかなり少なくなってからだったが、その分切れ味が抜群だったと思う。ああ、おもしろかった。

次はどんな事件の弁護をすることになるのか。個人的な予想は事務員の洋子さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/25

『逆さに咲いた薔薇』 氷川透

『最後から二番めの真実』に登場した祐天寺美帆を名探偵に据えた作品。冗談が分かりづらい氷川透は出ません。

本文の「逆さに咲いた薔薇」云々のとってつけた感がすごい。事件の本質が「逆さ」「逆転(の発想)」だってことを説明するのに「薔薇」だの「咲く」だの言われると逆に混乱するような。個人的には薔薇を諦めた理由が微妙。いや、微妙なところはもっとたくさんあるけれど。

作中のレビューで主人公の女が気に食わないみたいなことが書かれていて、狙っているにしても笑ってしまいました。氷川透(名探偵の方)を超えるくどくどしさ。どうせまわりくどい文章を読むなら氷川透で読みたいのでどこかの出版社さま、『インサイド・アウト』をどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/24

『dele』 本多孝好

みなさま、ドラマはご覧になったでしょうか?

大好きな本多孝好原案のドラマが観られるだけでしあわせなのに、脚本まで書かれて、ドラマも全話おもしろいとかこの上ないしあわせでした。原作に収録された作品は映像化されたものではないので、新たなふたりの活躍が読めて嬉しい。

主役のふたりは脳内で完全にドラマのまま再現されますね。あて書きした本多孝好がすごいのか、演じたふたりがすごいのか。きっとみんなすごい。

収録されている作品はどれも優しさと虚しさが入り混じっていて、この独特なバランス感覚が本多孝好の良さだと再実感。個人的なベストは「ファースト・ハグ」でしょうか。ミステリ度がいちばん高い。とにかくスマホを探し、最後に放り投げてしまうところがいい。

小説であることが活かされている「シークエット・ガーデン」でケイの呼び名が決まったシーンも良い。いろいろ試していることにはまったく気がつきませんでした。

いちばん報われない「ストーカー・ブルーズ」も好きだなあ。つまりはどれも好き。既に2まで刊行され、3(続編)も発表された本作。本多孝好の代名詞になりましたね。できればドラマも続編を。最高のドラマでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/14

『紅のアンデッド』 川瀬七緒

大好き法医昆虫学シリーズ第6弾。

文章を脳内で映像化してはいけないのは変わらず、でも腫れあがった赤堀の顔だけは後学のために見てみたいですね。絶対に近づかないと決めたやけど虫。

これまでシリーズを追いかけてきた読者なら赤堀の明るさの裏になにがあるのか知りたいと思っていたはずですが、ついに本作で明らかになりました。シリーズラストで回収されるような伏線なのでしょうか。赤堀の心に平穏が訪れたとき=シリーズの終わりでは悲しいので岩楯刑事には頑張ってもらいたい。

今回から犯罪心理学の広澤を筆頭に仲間が増えましたね。疎まれた者たちが知識を持ち合うことで真実に到達(して見返して)する系がとても好きです。まだまだ活躍が読みたい。次は波多野さんでメインで。

事件については…私は肉が大好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/13

『亡国のイージス』 福井晴敏

如月行の活躍が読みたくて。

抜群におもしろいのだけれど、文庫版上下合わせてかなりの厚さになるので、読む気になかなかならないのが難点。大好きな作品なのに読んだのは3度目? 同じ理由で宮部みゆきの『ソロモンの偽証』にも手を出せずにおります。読んだら止まらなくなるのはわかっているんだけどね。

ハラハラするアクションで楽しめるだけでなく、登場人物たちのまさしく「物語」がいいです。それぞれにそれぞれのケジメの付け方がある。私は行推しなので仙石と行のやりとりすべてが堪りません。行のやったことが正しいことばかりとは言いません。むしろ法なり犯罪なりを犯しまくっているわけですが、そんな彼が許され、泣き、笑い、絵を描き、自分を表現できる。そのやさしいラストが好きです。

あ、水中プロポーズ?のジョンヒはよくわからないです()

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧