« 『亡国のイージス』 福井晴敏 | トップページ | 『dele』 本多孝好 »

2018/09/14

『紅のアンデッド』 川瀬七緒

大好き法医昆虫学シリーズ第6弾。

文章を脳内で映像化してはいけないのは変わらず、でも腫れあがった赤堀の顔だけは後学のために見てみたいですね。絶対に近づかないと決めたやけど虫。

これまでシリーズを追いかけてきた読者なら赤堀の明るさの裏になにがあるのか知りたいと思っていたはずですが、ついに本作で明らかになりました。シリーズラストで回収されるような伏線なのでしょうか。赤堀の心に平穏が訪れたとき=シリーズの終わりでは悲しいので岩楯刑事には頑張ってもらいたい。

今回から犯罪心理学の広澤を筆頭に仲間が増えましたね。疎まれた者たちが知識を持ち合うことで真実に到達(して見返して)する系がとても好きです。まだまだ活躍が読みたい。次は波多野さんでメインで。

事件については…私は肉が大好きです。

|

« 『亡国のイージス』 福井晴敏 | トップページ | 『dele』 本多孝好 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/74205187

この記事へのトラックバック一覧です: 『紅のアンデッド』 川瀬七緒:

« 『亡国のイージス』 福井晴敏 | トップページ | 『dele』 本多孝好 »