« 『ガソリン生活』 伊坂幸太郎 | トップページ | 『翼がなくても』 中山七里 »

2018/07/04

『濱地健三郎の霊なる事件簿』 有栖川有栖

幽霊を視る能力を持つ心霊探偵・濱地健三郎の活躍を描く短編集。

読みながら感じたのは、有栖川氏の文章が綺麗すぎて心霊と聞いてイメージする恐ろしさがまったく伝わってこないということ。作中に登場する心霊たちは皆、怖いというか切ないんです。その表現がうまいなあというのが第一印象。

探偵と名乗っている割にはミステリ感も薄いのですが、個人的ベストはもっともミステリっぽかった「分身とアリバイ」でしょうか。ガラスシェードの来歴が判明する「霧氷館の亡霊」も好き。

|

« 『ガソリン生活』 伊坂幸太郎 | トップページ | 『翼がなくても』 中山七里 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/73801229

この記事へのトラックバック一覧です: 『濱地健三郎の霊なる事件簿』 有栖川有栖:

« 『ガソリン生活』 伊坂幸太郎 | トップページ | 『翼がなくても』 中山七里 »