« 『新・新本格もどき』 霧舎巧 | トップページ | 『ダンガンロンパ霧切 5』 北山猛邦 »

2017/08/09

『日曜は憧れの国』 円居挽


円居挽らしからぬ普通の日常モノミステリ。私が円居作品に求めるのは軽快痛快な語り口とどんでん返しなので、そのふたつを封じられて戸惑うばかり。それら無しで読ませる何かがあるわけでもなく、いつおもしろくなるんだろうと思っているうちに終わってしまいました。

ロジックが一番綺麗だったのは「レフトオーバーズ」でしょうか。個人的におもしろそうな講座だと思ったのが「幾度もリグレット」。

4人のJCの成長物語としても微妙で絶望的におもしろくないわけではないのだけれどコレジャナイ感が残る作品でした。

|

« 『新・新本格もどき』 霧舎巧 | トップページ | 『ダンガンロンパ霧切 5』 北山猛邦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/71378595

この記事へのトラックバック一覧です: 『日曜は憧れの国』 円居挽:

« 『新・新本格もどき』 霧舎巧 | トップページ | 『ダンガンロンパ霧切 5』 北山猛邦 »