« 『バチカン奇跡調査官 黒の学院』 藤木稟 | トップページ | 『日曜は憧れの国』 円居挽 »

2017/08/01

『新・新本格もどき』 霧舎巧

『新本格もどき』続編。趣向は変わらず新本格の有名作品をもどく連作短編集なのだけれど、連作の部分にこだわり教団関係を縦軸に入れた関係で複雑&強引な作品になってしまったのが本当に残念。

普通に吉田さんの記憶を取り戻すためにお馴染みのメンバーが新本格をもどくだけではいけなかったのだろうか。単純にナースのエリさんとの関係が深まっていくのを縦軸にすれば良かったのでは?なんと言いましょうか、教団関係の連続殺人がまさに“意味のない殺人”なんですよね。描写もなにもない。ただ死体発見と素性の文章があるだけ。ミステリはそういうものだけれどさすがにこれは…。

そんな中で個人的ベストを挙げるとするならば「殺人史劇の13人」でしょうか。「人狼病の恐怖」で化粧室からいきなり縦ロールが出てくるシーンも良かったですね。

|

« 『バチカン奇跡調査官 黒の学院』 藤木稟 | トップページ | 『日曜は憧れの国』 円居挽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/71305032

この記事へのトラックバック一覧です: 『新・新本格もどき』 霧舎巧:

« 『バチカン奇跡調査官 黒の学院』 藤木稟 | トップページ | 『日曜は憧れの国』 円居挽 »