« 『ノッキンオン・ロックドドア』 青崎有吾 | トップページ | 『ある閉ざされた雪の山荘で』 東野圭吾 »

2017/06/26

『99%の誘拐』 岡嶋二人

タイトル通り誘拐モノのスピード感とスリリング感を味わえる名作。誘拐された側と誘拐する側のふたつの視点が楽しめます。

が、この作品のすごいところはもっと違うところにあるんですよね。初版は1988年なのですが、作中で最先端のコンピュータ技術がバンバン使われているのです。2017年に生きる我々にとっては当たり前(あるいは少し古い)の技術ですが、1988年当時の読者はこれを読んでどう感じたのかが気になります。あり得ない、遠い未来の技術だと思ったでしょうか。生活レベルになったのはやはり95年のWindows95以降だと思うので。

読み物である以上、最終的に犯罪者は裁かれるべきが信条ですが慎吾の心情もわからなくはないので復讐の成功おめでとうは言いたい。でもやはり犯罪は犯罪なので美談のように終わるのはどうかな。

|

« 『ノッキンオン・ロックドドア』 青崎有吾 | トップページ | 『ある閉ざされた雪の山荘で』 東野圭吾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/70976075

この記事へのトラックバック一覧です: 『99%の誘拐』 岡嶋二人:

« 『ノッキンオン・ロックドドア』 青崎有吾 | トップページ | 『ある閉ざされた雪の山荘で』 東野圭吾 »