« 『札幌アンダーソング』 小路幸也 | トップページ | 『夕暮れ密室』 村崎友 »

2017/05/22

『犯人に告ぐ2 闇の蜃気楼』 雫井脩介

誘拐をテーマにした『犯人に告ぐ』シリーズ第2弾。

誘拐を外国のようにビジネスとして行い、「(今年を)日本における誘拐ビジネス元年」にしようと考える犯人グループ。緻密に計算され、用心されたその計画は成功するかに思えたのですが…。犯人側に感情移入するように書かれているので、正直なところ誘拐の成功が見たかったような気もします。最後も切ないです。RIPされちゃいましたから。

振り込め詐欺、誘拐、警察の捜査、身代金の受け渡しと物語は大きく動いているのに、「淡々と」という形容詞がぴったりくる作品です。実は『犯人に告ぐ』の感想でも似たようなことを書いているのでそれが作風なのかもしれませんが、もっとスピード感が欲しい。丁寧な描写は嬉しいのですが、とにかく先が読みたいときもある。

あとは人間関係やキャラクタの個性などが前作を読んでいる前提なのが少しストレスになりました。前作から期間も空いていますし、詳細に覚えていられる人ばかりではないので。前作ではああだったこうだったと言われてもそんなことあったっけ?と思うばかりでした。

それにしても淡野くんは何者。続きがあります!と宣言されたかのようなラスト。第3弾が待たれます。

|

« 『札幌アンダーソング』 小路幸也 | トップページ | 『夕暮れ密室』 村崎友 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/70633220

この記事へのトラックバック一覧です: 『犯人に告ぐ2 闇の蜃気楼』 雫井脩介:

« 『札幌アンダーソング』 小路幸也 | トップページ | 『夕暮れ密室』 村崎友 »