« 『陽気なギャングは三つ数えろ』 伊坂幸太郎 | トップページ | 『スティグマータ』 近藤史恵 »

2017/04/23

『いまさら翼といわれても』 米澤穂信

古典部シリーズ最新短編集。

奉太郎の過去を扱った二編「鏡には映らない」と「長い休日」がとてもとても良かった。奉太郎をヒーローだという彼女の「会って話したら、嫌いになるでしょ?」が最高。

「箱の中の欠落」は動機が語られないところが良いですね。冒頭の伏線もとても自然で良いです。そしてラーメンが美味しそう。

「わたしたちの伝説の一冊」と「いまさら翼といわれても」は青春すぎて眩しい。表題作は翼の前の言葉が「いまさら」なのが辛く苦しいですね。いままで捨ててきたもの諦めてきたものが詰まっています。悩める彼女たちに幸あらんことを願うのでなるべく早く続編を。

それにしても奉太郎のお姉ちゃんは一体何者なんでしょうかね。私、いつも気になります。

|

« 『陽気なギャングは三つ数えろ』 伊坂幸太郎 | トップページ | 『スティグマータ』 近藤史恵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/70348309

この記事へのトラックバック一覧です: 『いまさら翼といわれても』 米澤穂信:

« 『陽気なギャングは三つ数えろ』 伊坂幸太郎 | トップページ | 『スティグマータ』 近藤史恵 »