« 『刑事の絆 警視庁追跡捜査係』 堂場瞬一 | トップページ | 『いまさら翼といわれても』 米澤穂信 »

2017/04/17

『陽気なギャングは三つ数えろ』 伊坂幸太郎

9年ぶりシリーズ新刊に歓喜。

軽快で痛快な4人のやりとりが大好きです。脳内キャスティングは映画の4人なのですが本当にぴったりだと思います。何年かぶりに見たい。

今回は久遠の活躍が多めでしょうか。巻き込まれの原因作ったのも久遠ですが。成瀬は課長らしく地味にいい仕事します。雪子はまとう空気が美人。成瀬とそれっぽい関係だったはずですが、今回はまったくそういう描写がありませんでしたね。あとがきのしれっと変更した部分のひとつでしょうか。語り(視点)で一番楽しませてくれるのは響野だと思っているのですが、演説は4分も聞けば十分です。

個人的に好きなシーンは振り込み詐欺と藁の中から藁でしょうか。アルファベット3文字も好き。

ラストの展開に少し物足りなさを感じましたが、それでもやっぱりおもしろい。よたび彼らが事件に巻き込まれることを祈るばかりです。

|

« 『刑事の絆 警視庁追跡捜査係』 堂場瞬一 | トップページ | 『いまさら翼といわれても』 米澤穂信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/70303738

この記事へのトラックバック一覧です: 『陽気なギャングは三つ数えろ』 伊坂幸太郎:

« 『刑事の絆 警視庁追跡捜査係』 堂場瞬一 | トップページ | 『いまさら翼といわれても』 米澤穂信 »