« 『潮騒のアニマ』 川瀬七緒 | トップページ | 『憂いなき街』 佐々木譲 »

2017/03/05

『リボルバー・リリー』 長浦京

第19回大藪春彦賞を受賞したばかりの本作。2017年このミス6位。

女スパイが暗躍する『ジョーカー・ゲーム』のような物語を想像していたのだけれど、リボルバー片手に関東大震災直後の帝都で撃って撃って撃ちまくる冒険アクション小説でした。なんとなく雰囲気が井上尚登の『T.R.Y』に似ているような気がします。

基本的に追手が迫ってくる、百合の超人的なスパイ(殺人)の才能で切り抜ける、逃げる、追手が迫ってくるのループです。軍とやくざの目的が気になると言えば気になりますが、特に驚きの真相が待っているわけではありません。読みどころは守られるだけだった少年が自分で考え成長していく様でしょうか。

期待していたもの(スパイが知略を巡らす話)と違ったのもありますが、あまりのめり込めませんでした。百合SUGEEEEE百合TUEEEEEなお話。いつか映像化しそうな気がします。

|

« 『潮騒のアニマ』 川瀬七緒 | トップページ | 『憂いなき街』 佐々木譲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/69811595

この記事へのトラックバック一覧です: 『リボルバー・リリー』 長浦京:

« 『潮騒のアニマ』 川瀬七緒 | トップページ | 『憂いなき街』 佐々木譲 »