« 『トーマの心臓』 森博嗣 | トップページ | 『リボルバー・リリー』 長浦京 »

2017/02/28

『潮騒のアニマ』 川瀬七緒

法医昆虫学シリーズ第5弾。今回はミイラ化した死体から聞こえない虫の声を聞くお話。

マンネリと言えばマンネリだけれど、安定したおもしろさです。最初は相手にされなかった赤掘がどんどんと認められていく水戸黄門的?な部分も良い。あとは決して文章を脳で映像化してはいけないところもきっと良いところ。

なにより赤掘・岩楯コンビの信頼感ですけどね。今回はコンビの登場が多かった。お馴染みの赤掘・岩楯、赤掘・大吉の他に岩楯と若手刑事、あとは赤掘・沖田でしょうか。最後の赤掘・沖田が最強で誰も彼らを止められません。考えていないようで考えているふたり。ラストのあたりで沖田先生が赤掘の腕を掴んだときは少しドキリとしました。

事件そのものが胸糞悪いのもいつもの通りでしょうか。家族の件も含め被害者に救いがない。被害者が選んだ(選ばされた)死に場所にちょっと民俗学のテイストが入っていて某シリーズの蘊蓄薬剤師などを思い出しました。彼ならごみ箱からアレを見つけてから30ページ分くらい喋るはず。

マンネリが悪いとは言わないけれど、少しテイストが違うものも読んでみたいと思いました。叙述トリック…は法医昆虫学とは相容れなさそうですね。

|

« 『トーマの心臓』 森博嗣 | トップページ | 『リボルバー・リリー』 長浦京 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/69762666

この記事へのトラックバック一覧です: 『潮騒のアニマ』 川瀬七緒:

« 『トーマの心臓』 森博嗣 | トップページ | 『リボルバー・リリー』 長浦京 »