« 『図書館の殺人』 青崎有吾 | トップページ | 『七色の毒 刑事犬養隼人』 中山七里 »

2017/01/05

『ふたつめの月』 近藤史恵


『賢者はベンチで思想する』に続く久里子シリーズ第2弾。

作者が苦労したであろう、ある人物についての記述ににやり。前作を読んでいない人は違和感なく読み進められるのだろうか。気になる。

本作は久里子の成長(日常)物語に謎をトッピングしてみたという印象。久里子の前に現れる人物たちのなんて身勝手なこと。「たったひとつの後悔」の動機とか本当に酷いですからね。そんなことで他人の人生狂わせるなんて。

やはり赤坂老人が絡むお話が好き。ラストで家族からも久里子からも行方知れずとなってしまった赤坂老人ですが、もしシリーズが続くなら冒頭でふらっと現れて久里子に就職祝いをくれるのでしょう。期待してます。

|

« 『図書館の殺人』 青崎有吾 | トップページ | 『七色の毒 刑事犬養隼人』 中山七里 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/69125410

この記事へのトラックバック一覧です: 『ふたつめの月』 近藤史恵:

« 『図書館の殺人』 青崎有吾 | トップページ | 『七色の毒 刑事犬養隼人』 中山七里 »