« 『賢者はベンチで思索する』 近藤史恵 | トップページ | 『図書館の殺人』 青崎有吾 »

2016/12/30

『ジェリーフィッシュは凍らない』 市川憂人

第26回鮎川哲也賞受賞作。2017年本ミス3位、このミス10位。帯には「21世紀の『そして誰もいなくなった』登場!」の文字、なるほど心が躍ります。

単刀直入に言って、とても良かったです。前評判が高かったのでハードル高くして読んだのですが、それでもおもしろかった。

新型小型飛行船ジェリーフィッシュの中で発生した連続殺人事件。乗組員は6人、そして雪山に不時着したジェリーフィッシュから発見された死体も6体。そして6体すべてが他殺。果たして犯人は誰か。生きているのか死んでいるのか。生きていたとして吹雪の雪山からどうやって脱出したのか。なんて素敵な謎でしょうか。

(ここからネタバレします)ミステリスキーなら犯人は誰かについては中盤でわかるのではないでしょうか。殺人の動機がレベッカの死にあるならば、6人の中で彼女の死に関係していない人物が殺される謂れはない。けれども警察はいつまで経ってもその人物(事実)について言及しない。もしかして人物誤認が起こってる?と思ったところで死体1体が切断されていたことが明らかになります。バラバラ死体と言えば死体の運搬。ああ、この死体が犯人の代わりなのだとわかったところで作中でも人物誤認のキーワード(名簿の名前)が登場します。

この情報を出すタイミングが本作はうまいんですよね。幾度か推理「させられている」という感覚を覚えました。

残すは犯人がどうやって雪山から姿を消したのか…ですが、これもまたうまい。140Pの傍点のセリフとか素晴らしいです。ここにこのセリフがあることでしっかり読者に推理する鍵を提示していることがわかる。本格ですよね。大好きです。

とてもおもしろかったです。これがデビュー作だなんて。次回作が楽しみで仕方ありませんね。

|

« 『賢者はベンチで思索する』 近藤史恵 | トップページ | 『図書館の殺人』 青崎有吾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/69052292

この記事へのトラックバック一覧です: 『ジェリーフィッシュは凍らない』 市川憂人:

« 『賢者はベンチで思索する』 近藤史恵 | トップページ | 『図書館の殺人』 青崎有吾 »