« 『さよならの手口』 若竹七海 | トップページ | 『殺意の構図 探偵の依頼人』 深木章子 »

2016/11/03

『探偵・日暮旅人の忘れ物』 山口幸三郎

ユキジやテイの過去に触れつつ、旅人の抱える闇の部分をクロースアップしたシリーズ第3弾。やはり日常の謎より旅人の過去派の私です。

今回は旅人が「なぜ誘拐されたのか」が明らかになりましたね。(ネタバレします)実行犯は刑事の白石ですが、それを指示した黒幕は誰なのか。素直に読めばユキジの父親ですが果たして。

あとがきによれば次巻に旅人の物語がひとつの結末を迎えるとのこと。楽しみで楽しみで仕方がありませんね。個人的には旅人には復讐を完遂して欲しいところですが、旅人はもう独りではないので悩ましいところですね。真相が明らかになるのはもちろん、すべてを終えたあとの旅人の決断と、それを周りの人たちがどう受け止めるかが気になります。視覚以外の感覚が目覚めるのかどうかもね。

しかし、リーズが続いているので旅人が死んだり消えたり捕まったりするわけではないとわかっているのは少し寂しいですね(笑)

|

« 『さよならの手口』 若竹七海 | トップページ | 『殺意の構図 探偵の依頼人』 深木章子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/68229173

この記事へのトラックバック一覧です: 『探偵・日暮旅人の忘れ物』 山口幸三郎:

« 『さよならの手口』 若竹七海 | トップページ | 『殺意の構図 探偵の依頼人』 深木章子 »