« 『樽』 F・W・クロフツ | トップページ | 『背徳のぐるりよざ』 古野まほろ »

2016/11/15

『探偵・日暮旅人の贈り物』 山口幸三郎

日暮旅人シリーズ第4弾にして第一部完結作。

過去3作に散りばめてきた伏線を丁寧に回収して卒なくまとめてきたという印象。個人的にはもっと黒・旅人でも良かった。まあ、冒頭でさんざん「愛」「愛」言ってたし、落とし所はここしかなかったでしょうね。

(シリーズ肝の部分のネタバレします)黒幕である雪路パパを引きずり降ろせなかったわけですがこれで旅人の復讐は終わりなのでしょうか。誘拐実行犯(白石)と両親殺害実行犯(熊谷)を警察に引き渡し、真相を知ることができたからこれで良し? それとも第二部に続くのでしょうか。個人的にはとことんやってもらって、ユキジの物語にもきちんと幕引きをしてもらいたいのですが。

それにしてもテイちゃん。今回も、どこまでも気丈だったテイちゃんですが、遊園地での彼女の心の中がどんなものだったのか想像するのは難しいです。嬉しくてしあわせな気持ちだけ100%にしてあげられたらいいのに。旅人とテイちゃんに幸多からんことを。

シリーズ第一部、とても引き込まれました。よい読書でした。

|

« 『樽』 F・W・クロフツ | トップページ | 『背徳のぐるりよざ』 古野まほろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/68429186

この記事へのトラックバック一覧です: 『探偵・日暮旅人の贈り物』 山口幸三郎:

« 『樽』 F・W・クロフツ | トップページ | 『背徳のぐるりよざ』 古野まほろ »