« 『どこかでベートーヴェン』 中山七里 | トップページ | 『さよならの手口』 若竹七海 »

2016/10/22

『探偵・日暮旅人の失くし物』 山口幸三郎

日暮旅人シリーズ第2弾。前作『探偵・日暮旅人の探し物』のラストで垣間見えた旅人の黒い部分がむくむくと膨れ上がってきました。個人的には日常の謎モノより何倍も好きです。何より気になる。

そうは言っても日常の謎モノ『母の顔』はテイちゃんの意外な…というか当たり前な一面が見れて良かったです。テイちゃんの母親の件は旅人の過去とどう繋がっているのでしょうか。(ネタバレします)テイちゃんのことを大切に思っているのは間違いないだろうけれど、テイちゃんも復讐を遂げるためのピースのひとつだと考えていそうな旅人ですけどね。

誘拐された“たあ君”がどんな拷問を受けて視覚以外の感覚を失ったか(眠らせたか)が判明した本作。そして、ドラッグの香りを嗅いだことで一時的に復活した嗅覚。これまで一度も忘れることのなかった男の顔。違和感のある表彰。両親の交通事故。考えるピースは増えているのに謎は深まるばかり。

こんなに続きが気になるシリーズを読むのは久しぶりです。とても嬉しい。日常の謎モノもありつつ、旅人の過去に迫っていく収録具合もさすがでした。

|

« 『どこかでベートーヴェン』 中山七里 | トップページ | 『さよならの手口』 若竹七海 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/68057738

この記事へのトラックバック一覧です: 『探偵・日暮旅人の失くし物』 山口幸三郎:

« 『どこかでベートーヴェン』 中山七里 | トップページ | 『さよならの手口』 若竹七海 »