« 『探偵・日暮旅人の失くし物』 山口幸三郎 | トップページ | 『探偵・日暮旅人の忘れ物』 山口幸三郎 »

2016/10/27

『さよならの手口』 若竹七海

このミス2016第4位、ハードボイルドな女探偵・葉村晶シリーズの長編です。

とてもおもしろかった。メインとなる失踪事件だけでも読み応え十分なのに、脇を飾る事件の質の高いこと高いこと。冒頭の白骨事件、あの真相のエキセントリックさと言ったら。あれでこの女探偵はできる!と警察と読者の信用を鷲掴みです。

個人的には姿を消した前任探偵の件も良かった。(ここからネタバレします)胸糞悪いし、よく真相を20年も隠し通せたと思いますがね。心の問題。親を殺して住んだマンションで彼は眠れたのでしょうか。

眠れないと言えばとても腹立たしい気持ちにしてくれた倉嶋舞美さんですが、彼女が失踪した娘だと疑ったのは私だけではないはず。警察がマークしている以上、身分を偽っているはずがなく冷静に考えなくても違うんですけど、もし彼女が娘だったらド級のどんでん返しだなあと思ってしまうミステリ読みの性。彼女の正体、その伏線回収も見事でした。

400ページ強、着々と真相に近づいていく感覚をテンポ良く楽しめるのですらすら読めます。とてもおもしろかった。本屋の二階で探偵業を営む(?)葉村の次の事件が楽しみです。

|

« 『探偵・日暮旅人の失くし物』 山口幸三郎 | トップページ | 『探偵・日暮旅人の忘れ物』 山口幸三郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/68130247

この記事へのトラックバック一覧です: 『さよならの手口』 若竹七海:

« 『探偵・日暮旅人の失くし物』 山口幸三郎 | トップページ | 『探偵・日暮旅人の忘れ物』 山口幸三郎 »