« 『メビウスの守護者』 川瀬七緒 | トップページ | 『二の悲劇』 法月綸太郎 »

2016/10/09

『探偵・日暮旅人の探し物』 山口幸三郎

ドラマは観ていませんが旅人は松坂桃李で脳内再現しました、日暮旅人シリーズ第1弾。てっきり爽やか日常系ミステリだと思っていたのですが、ミステリっぽいのは収録されている4編のうち1編だけ。しかも、爽やかまで返上しなくてはならないかもしれないなんて。

探し物探偵の日暮旅人は視覚以外の五感を失った(眠っている)代わりに、音や匂い、温度、重さなどの視えないものが視える特異体質である。そんな彼がその目を使って依頼人の探し物を見つけるわけですが…もうちょっとミステリ仕立てになっているととても嬉しいです。まあ今回はシリーズ導入、キャラクタ紹介的なところがあるので仕方ないのかもしれませんが。

それでもあのラストがなければ私は次巻以降を手には取らなかったかもしれません。
(ここからネタバレしてます)まさかの黒旅人。事情があるのでしょう。突然引っ越していってしまった“たぁ君”、誘拐事件の噂、旅人が保育園から持ち去った己の過去、旅人が探している誰か。私、気になります。

かなりシリーズが進んでいますが、この伏線はどこまで読めば回収されますか。旅人の視覚以外の感覚は起きますか?本当に、こんなラストだと思っていなかったのでその落差がすごいです。気になって仕様がない。

|

« 『メビウスの守護者』 川瀬七緒 | トップページ | 『二の悲劇』 法月綸太郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/67859717

この記事へのトラックバック一覧です: 『探偵・日暮旅人の探し物』 山口幸三郎:

« 『メビウスの守護者』 川瀬七緒 | トップページ | 『二の悲劇』 法月綸太郎 »