« 『探偵・日暮旅人の探し物』 山口幸三郎 | トップページ | 『どこかでベートーヴェン』 中山七里 »

2016/10/11

『二の悲劇』 法月綸太郎

綸太郎シリーズ鋭意再読中です。今回は二人称が重要な鍵となる悲劇シリーズ第2弾。

女性ふたりがルームシェアしていたマンションの一室で起こった殺人事件。顔を焼かれた死体はどちらの女性のものなのか…な展開かと思いきやもっとじめっとしております。女性ふたりの取り違え(入れ違い)がしばらく描かれておりましたが(ここからネタバレします)最初に親父さん(警察)が読んだ通りの事件でしたよね。最初から被害者と目されていた女性が被害者で、逃亡していた同居人が犯人。そして犯人の自殺。あれ?綸太郎が登板する必要ありましたか?1yardに気付きましたが、あれも数日もすれば郵送されてきたので…。

というわけで二人称「きみ」に辿り着いたのが綸太郎の功績かと言うと、個人的にはそうでもないような。警察だって馬鹿じゃない。6年前に死んだ二宮にそっくりな人物が竜胆を襲ったとなれば関係者を洗いなおすはずで、その過程で双子の存在に間違いなく気付きますよね。

読者からすると「きみ」=二宮じゃない誰かは明らか(とまでいかなくとも最初の記述で察した人は多かったはず)なので、じゃあ他の登場人物の誰だってことになるのですが、登場しているようで登場していないんですよね。私の大好きな言い方をすると「ノックスの十戒」と「ヴァン・ダインの二十則」のそれぞれ10番に抵触しているような。その点がややアンフェアで、もっとクリアで驚きのある存在であって欲しかったと思います。

綸太郎のどうしようもないことをぐだぐだ考える度はかなり高くて、そこは良かったです(笑)

|

« 『探偵・日暮旅人の探し物』 山口幸三郎 | トップページ | 『どこかでベートーヴェン』 中山七里 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/67909982

この記事へのトラックバック一覧です: 『二の悲劇』 法月綸太郎:

« 『探偵・日暮旅人の探し物』 山口幸三郎 | トップページ | 『どこかでベートーヴェン』 中山七里 »