« 『ダンガンロンパ十神 (中) 希望ヶ峰学園VS.絶望ハイスクール』 佐藤友哉 | トップページ | 『頼子のために』 法月綸太郎 »

2016/09/30

『推理は一日二時間まで』 霧舎巧

霧舎巧の新刊が出ると聞いてとても楽しみにしていたのですが、ただただ残念な読了です。

レンタルスペース「秘密基地」で起こる日常の謎を愉快な利用者たちと解決する短編集なのですが、個性的()なキャラクタたちに最後まで馴染めませんでした。会話中心に物語が進んでいくのですが、つまらない小ネタが入ってくるのでテンポは悪いし、分かりにくい。それでも謎の方におもしろみがあればまだ読めるのですが、正直ひとつもおもしろいと思う謎はありませんでした。

最後の謎であり、タイトル『推理は一日二時間まで』の元にもなっている高左右くんの正体も個人的には微妙で、もっと魅力的な結末を期待していました。というか、高左右くんの活躍が中途半端なんですよね。彼が○○だとしても、「秘密基地」の面々が右往左往している横で名探偵気取って謎を解けたはずなんです。そうしないと高左右くんという存在を作った意味がない。それなのにいつもヒントを出す程度の登場しかしないのでオチのカタルシスがないんですよね。

どこを褒めたらいいかわからない、期待していただけにとても残念な1冊でした。やはりガチガチの本格ミステリを読みたい。霧舎巧は今の時代にそれができる貴重な作家のひとりだと思っています。あと、霧舎学園シリーズをなんとか終わらせて欲しいです。

|

« 『ダンガンロンパ十神 (中) 希望ヶ峰学園VS.絶望ハイスクール』 佐藤友哉 | トップページ | 『頼子のために』 法月綸太郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/67726518

この記事へのトラックバック一覧です: 『推理は一日二時間まで』 霧舎巧:

« 『ダンガンロンパ十神 (中) 希望ヶ峰学園VS.絶望ハイスクール』 佐藤友哉 | トップページ | 『頼子のために』 法月綸太郎 »