« 『ST 警視庁科学特捜班』 今野敏 | トップページ | 『恩讐の鎮魂曲』 中山七里 »

2016/07/08

『ST 警視庁科学特捜班 毒物殺人』 今野敏

鋭意再読中のSTシリーズ第2弾。サブタイトル通り、毒物殺人事件が起こりますが捜査のポイントはそこじゃありません。

STメンバの活躍度は山吹>>青山>>>>>翠=黒崎>>赤城ってところでしょうか。ついに山吹の時代が来ましたが、専門の薬学からのアプローチではなく、僧侶という宗教の専門家として思想・思考から事件に迫ります。

物語のキーパーソンである女子アナの前に唐突に現れ、存在感を増していく自己啓発セミナー代表。もちろん怪しい。この男が事件に関わっていないはずがない。と読者もSTの面々も思うわけですが、百合根の嗅覚に引っかかってこないのはあくまでも百合根が未熟だからなのか。百合根はバランサーだとずっと思っていたのですが、菊川の方がそれっぽいですよね。山吹がようやく活躍してくれたので、次は百合根に期待。

結局のところ動機は愛憎でしたね。どうしても女子アナと近しい関係になりたいという気持ちはわかるのですが、もっとやり方あっただろうに…としか思えないのですが如何でしょうか。

スマートにまとまっているとは思えず、読了にも時間が掛かってしまいました。ST5人の魅力は変わらずなんですけどね。

|

« 『ST 警視庁科学特捜班』 今野敏 | トップページ | 『恩讐の鎮魂曲』 中山七里 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/66398239

この記事へのトラックバック一覧です: 『ST 警視庁科学特捜班 毒物殺人』 今野敏:

« 『ST 警視庁科学特捜班』 今野敏 | トップページ | 『恩讐の鎮魂曲』 中山七里 »