« 『11枚のとらんぷ』 泡坂妻夫 | トップページ | 『アンと青春』 坂木司 »

2016/06/24

『オレたち花のバブル組』 池井戸潤

半沢直樹シリーズ第2弾。

前作『オレたちバブル入行組』で見事栄転を果たした半沢直樹が金融庁と派閥争いというふたつの敵と同時に対峙する物語。個人的には前作でどうにも情けない男として書かれていた近藤の奮起と活躍が嬉しい。半沢パートより読み応えあったかも。

私自身、銀行で働いていたことがあり金融庁検査も何度か受けたことがあるので半沢が検査官に反論するシーンは「あり得ない…」と思いましたが、私のような下っ端はともかく本部のどこかの会議室では丁々発止の大バトルが行われていたのでしょうか。うーん、見たくないです。

ラスト、バランスを取るためという言い分で半沢に下された処分が理不尽でありリアルだと感じました。銀行に限らず会社でも学校でも派閥はあるので、皆がリアルに感じられるシーンだと思います。

それにしても黒崎検査官のオネエはすごい威力ですね。ドラマ見たことないんですが、しっかり愛之助さんで脳内再生されました。

|

« 『11枚のとらんぷ』 泡坂妻夫 | トップページ | 『アンと青春』 坂木司 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/66178184

この記事へのトラックバック一覧です: 『オレたち花のバブル組』 池井戸潤:

« 『11枚のとらんぷ』 泡坂妻夫 | トップページ | 『アンと青春』 坂木司 »