« 『シアター!2』 有川浩 | トップページ | 『池魚の殃 鬼籍通覧』 椹野道流 »

2016/05/12

『惑星カロン』 初野晴

アニメに続き映画化も決まったハルチカシリーズ第5弾。

シリーズ当初のももたろうorブレーメンの音楽隊のような、仲間が増え目標に向かっていく展開が好きなので最近の足踏み状態は少し残念。でも、草壁先生の過去が少し明らかになったのは良かった。恩師か恋人…恩師をあくまで山辺富士彦だとするならば亡くなったのは恋人ですよね。草壁先生が恋人の死に絶望し、公演をすっぽかすとは思えないのですがきっとまだ明かされていない情報があるのでしょう。シリーズ続刊に期待。

物語的ベストは表題作「惑星カロン」として、キャラクタ読みベストは芹澤&山辺の運動会にも遠足にも参加できなかったコンビがいい味出してる「ヴァルプルギスの夜」でしょうか。芹澤さんがピアノを叩き鳴らしたシーンが好きです。

最もミステリっぽかったのは「理由ありの旧校舎」ですが、スウェーデンのヤバいお土産と言えばアレしかありませんよね。物語としては全開事件からもう一段階オチがありましたが、そちらはおまけでしょうか。もちろん日野原さん伝説のおまけです。本当にむちゃくちゃな元生徒会長ですこと。

なにかで読んだ初野氏のインタビューで次回作はキャラクタ掘り下げの短編集だと読みました。物語的にはまたもや足踏みですが、なんだかんだでやはり楽しみです。

|

« 『シアター!2』 有川浩 | トップページ | 『池魚の殃 鬼籍通覧』 椹野道流 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/65437095

この記事へのトラックバック一覧です: 『惑星カロン』 初野晴:

« 『シアター!2』 有川浩 | トップページ | 『池魚の殃 鬼籍通覧』 椹野道流 »