« 『夢幻花』 東野圭吾 | トップページ | 『黒龍荘の惨劇』 岡田秀文 »

2016/04/12

『崩れる 結婚にまつわる八つの風景』 貫井徳郎

推理小説という意味のミステリではなく、ホラー・サスペンス寄りのミステリ短編集。テーマは結婚。

個人的ベストは「誘われる」。オチは読めてしまったものの、最も推理小説的ミステリに近かったように思う。次点は「腐れる」。やはり最後の数行でにやりとできる作品が好きだ。

私が女性だからか、女性視点で書かれた作品の方が楽しめた。男性視点、特に「怯える」はその行動原理がまったく理解できないうえに、ラストもそこまで胸糞悪くないのでこの短編集のなかでも少し異質だろうか。貫井氏本人は「憑かれる」が一段落ちると評しているのだけれど、それはとてもよく理解できる。

|

« 『夢幻花』 東野圭吾 | トップページ | 『黒龍荘の惨劇』 岡田秀文 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/64945896

この記事へのトラックバック一覧です: 『崩れる 結婚にまつわる八つの風景』 貫井徳郎:

« 『夢幻花』 東野圭吾 | トップページ | 『黒龍荘の惨劇』 岡田秀文 »