« 『ストリート・クリスマス Xの悲劇’85』 古野まほろ | トップページ | 『パラダイス・ロスト』 柳広司 »

2016/03/25

『ダブル・ジョーカー』 柳広司


『ジョーカー・ゲーム』に続くD機関シリーズ第2弾。おもしろくて一気読み。

今回はスパイ視点ではなく、敵対する者であったり狩られる者であったり巻き込まれる者という第三者視点の物語が多く、誰がD機関のスパイなのかわからないミステリ要素(?)もあり。そして背中をうっすらと這う恐怖感。結城中佐の指導により何者でもなくなったスパイたちの物語といった感じです。

個人的ベストは表題作「ダブル・ジョーカー」。鮮やかに風機関を出し抜いてくれてすっきりしました。「柩」(こちらも好きな作品)で結城中佐の過去が明らかになりましたが、スパイとして実際に命を削る経験をしたことない者(風機関)が死線を経て「死ぬな」「殺すな」の境地に至った者に勝るわけがないですよね。

そして思いがけず『ジョーカー・ゲーム』収録「ロビンソン」の裏側も読めて良かった。こういうサービスは好きです。

それにしてもアニメ公式ではD機関のスパイたちが何人も紹介されていますが、どういう描かれ方をするのだろう。今回のような第三者の視点を借り、スパイが誰かわからないところに面白みがある作品では紹介済みの彼らは使えませんよね。とても楽しみにしているので、ぜひやられた!と言わせて欲しいものです。

|

« 『ストリート・クリスマス Xの悲劇’85』 古野まほろ | トップページ | 『パラダイス・ロスト』 柳広司 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/64628183

この記事へのトラックバック一覧です: 『ダブル・ジョーカー』 柳広司:

« 『ストリート・クリスマス Xの悲劇’85』 古野まほろ | トップページ | 『パラダイス・ロスト』 柳広司 »