« 『私が彼を殺した』 東野圭吾 | トップページ | 『片桐大三郎とXYZの悲劇』 倉知淳 »

2016/03/14

『ミステリー・アリーナ』 深水黎一郎

2016年本ミス1位、このミス6位の多重解決ものの力作。

多重解決ものとはひとつの事件を異なる視点で解き明かすことによって何通りもの解決がある(ように見える)作品のことで、推理合戦的な手法で用いられることが多いですね。『毒入りチョコレート事件』が有名。

その多重解決、本作に用意された解決は…ってネタバレもネタバレなので具体的な数字を挙げることは避けますが、多いです。多すぎです。正直、中には無理筋もありますが性別トリックや人数誤認トリックの中には唸らせてくれるものもあります。ミステリをよく読む人ほど「そうだ、その手もあったか」と楽しめるはず。ミステリをあまり読まない人だとテキストを捏ね繰り回してるようにしか思えないかも。難しいところですね。

(ここから本筋に関するネタバレです)
参加者の回答によって正解がスイッチするというミステリー・アリーナ(推理闘技場)に仕掛けられた罠は看破したのですが、参加者全員が仲間だとまでは思っておりませんでした。随分偏った見方をする偏狂的なミステリヲタばかり集ってるな…とは思ったのですが(笑)

個人的にはとてもとてもたのしめました。エンタテイメントミステリの名作、そう言って過言でないと思います。

|

« 『私が彼を殺した』 東野圭吾 | トップページ | 『片桐大三郎とXYZの悲劇』 倉知淳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/64438498

この記事へのトラックバック一覧です: 『ミステリー・アリーナ』 深水黎一郎:

« 『私が彼を殺した』 東野圭吾 | トップページ | 『片桐大三郎とXYZの悲劇』 倉知淳 »