« 『災厄』 周木律 | トップページ | 『三幕の殺人』 アガサ・クリスティ »

2016/03/30

『ラスト・ワルツ』 柳広司

D機関シリーズ第4弾。私が読んだのは単行本(↑)なのですが、文庫版(↓)にはロンドンでの密室殺人を舞台にした書き下ろし短編「パンドラ」が収録されているようなので文庫版がおすすめ。密室殺人とかなんて素敵な響き。

収録されている作品は3つ。個人的ベストは「アジア・エクスプレス」。走る鉄道という密室で外部からの応援(情報)も望めず、大きく変化してしまった状況に合わせて己の判断のみで的確に行動する…そんなスパイ小説として直球とも言えるシチュエーションに花を添える手品となぞなぞ。この作品はアニメでもやるようなのでとても楽しみです。cvも櫻井さんのようなので2倍楽しみ。

「舞踏会の夜」は約束を果たすついでに利用したのか、利用したついでに約束を果たしたのか。この微妙な違いのどちらが結城中佐に相応しいだろう…なんてことを考えるのが楽しい。

中編である「ワルキューレ」は個人的には微妙。(核心部分ネタバレします)雪村は結局D機関所属のスパイではなく海軍所属のスパイだったようですが、その雪村があれだけやれるとなるとD機関の優位性とか特異性って?と疑問に思ってしまいます。雪村はかなり大きな騒ぎを起こしたしスパイとして二流という意見は『パラダイス・ロスト』収録の「誤算」で反論したい。D機関所属のスパイも結構大きな騒ぎ起こしちゃってます。なによりD機関の最も特殊なところは結城中佐直伝のマインドだと思うのですが、雪村視点で書かれているあの文章にはそのマインドとそう変わらないものが流れている。読者相手にトリックを仕掛けたかったのはわかるのですが、上記のようなつじつまの合わないところが気になって個人的には楽しめませんでした。

ひとまずD機関シリーズは全作品読了。アニメもまだ見ぬ新作もとても楽しみです。

|

« 『災厄』 周木律 | トップページ | 『三幕の殺人』 アガサ・クリスティ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/64729658

この記事へのトラックバック一覧です: 『ラスト・ワルツ』 柳広司:

« 『災厄』 周木律 | トップページ | 『三幕の殺人』 アガサ・クリスティ »