« 『猫丸先輩の空論』 倉知淳 | トップページ | 『神様の裏の顔』 藤崎翔 »

2016/02/29

『どちらかが彼女を殺した』 東野圭吾

ブログ開始前に読んだミステリの名作再読中。

加賀恭一郎シリーズ第3弾にして、フーダニットの名作。なにせ最後まで読んでも犯人名が書いてない。「なんとなく」や「そうだと思った」が通用しない、ミステリースキーに対する挑戦状な1作です。

『どちらかが』のタイトル通り、2択です。彼女を殺したのは男か女か。それだけのシンプルな問題なのに考えれば考えるほど男の犯行とも、女の犯行とも、はたまた妹(彼女)の自殺とも思えてしまう不思議。最後の鍵は○○○ですが、文庫verでは直接的な表現がないので少し論理的に思考する必要があります。加賀が○○○の○を見せてくれないということは…。

文庫版は袋とじ解説がありますが、なにも知らずにノベルス版を買った人は驚いたでしょうね。ノベルス初版が1996年6月、今ほどインターネットが普及していなかったのでネタバレ検索するわけにもいかず、身近な人にミステリスキーがいなければ独りで悶々としなくてはならないとか苦痛ですね。

同じ趣向の『私が彼を殺した』は3択ですが、こちらも大好きな作品なので近々再読してレビューしたいと思います。

|

« 『猫丸先輩の空論』 倉知淳 | トップページ | 『神様の裏の顔』 藤崎翔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/64189092

この記事へのトラックバック一覧です: 『どちらかが彼女を殺した』 東野圭吾:

« 『猫丸先輩の空論』 倉知淳 | トップページ | 『神様の裏の顔』 藤崎翔 »