« 『翡翠の城』 篠田真由美 | トップページ | 『灰色の砦』 篠田真由美 »

2015/12/08

『身元不明 特殊殺人対策官 箱崎ひかり』 古野まほろ

古野まほろ講談社復帰作。

帯に「元警察官僚がついに手掛けたリアル警察小説」って書いてありますが、決してリアル警察小説ではない。どこまでも古野まほろ流警察小説。でも、世界観は天帝ではないですね。

とにかく展開が早い。次々に登場する死体。陰陽道に見立てた装飾がなされているのは探偵小説シリーズに対するなんらかのアピールか。ただ、死体と装飾がずらされている意味は明白なので、犯人のひとりは確定。そして共犯者。これはミステリのセオリーで行くと○○でしか有り得ないので読めちゃう。残念。

箱崎ひかりの秘密を根にしてシリーズ化するのかしらん?図書館員と聞くとどうしても有川浩の図書館シリーズを連想せずにはいられないので、ネーミングはなんとかして欲しかった。キャラクタは古野作品らしく魅力的。個人的には綾瀬警部補。脳内で映像化するときは少し美化して修正しております…。

|

« 『翡翠の城』 篠田真由美 | トップページ | 『灰色の砦』 篠田真由美 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/62862905

この記事へのトラックバック一覧です: 『身元不明 特殊殺人対策官 箱崎ひかり』 古野まほろ:

« 『翡翠の城』 篠田真由美 | トップページ | 『灰色の砦』 篠田真由美 »