« 『未明の家』 篠田真由美 | トップページ | 『アガサ・クリスティー賞殺人事件』 三沢陽一 »

2015/11/11

『ルパンの娘』 横関大

泥棒一家の娘と警察一家の長男が恋に落ち、殺人事件に巻き込まれるエンタテイメントミステリ。

有り得ない設定と一刀両断してしまうと面白くないので、細かいことは気にせずに楽しく読むことをお薦めしたい。というのも、私が「はやく家族に相手は警察一家だと打ち明ければ良いのに」「どう考えてもこのふたりは無理だろ」ともやもやしたからなのですが。というか、やっぱり有り得ないよね。

ミステリ成分は薄め。むしろ事件そのものが謀られ演出されたものと言えるので、嘘臭く感じてしまうのか。読み易いし、続きが気になるという意味では楽しく読めたのだけれど、やはりもやもやが残る。(ここから思い切りネタバレします)ふたり(二家族)が惹かれ合ったから良かったものの、爺さんふたりの自己満足に踊らされた当人たちにしてみたらたまったものではないのでは。

エンタテイメント作品として見せ場が多いので、映像化したものを見てみたい気はします。

|

« 『未明の家』 篠田真由美 | トップページ | 『アガサ・クリスティー賞殺人事件』 三沢陽一 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/62455290

この記事へのトラックバック一覧です: 『ルパンの娘』 横関大:

« 『未明の家』 篠田真由美 | トップページ | 『アガサ・クリスティー賞殺人事件』 三沢陽一 »