« 『密室蒐集家』 大山誠一郎 | トップページ | 『儚い羊たちの祝宴』 米澤穂信 »

2015/09/16

『一の悲劇』 法月綸太郎

ブログを始める前に読んだ新本格の名作を再読するのもいいなと今日は法月綸太郎。一度読んだのは間違いない。けれども全く覚えていなかったのでとても楽しめました。その日のうちに読了。

誘拐もの特有の緊張感でグイグイ読ませる前半。二転三転する推理劇でグイグイ読ませる後半。挙がった推理、犯人候補の誰が真犯人でも納得できるなかで一番胸糞悪い結末だったのが法月らしいと思いました。

とりあえず、久能刑事ってこんなに優秀でしたっけ。綸太郎目線だと久能刑事は結構かわいいところあるので。

あと、著者近影を引き伸ばされた綸太郎がボロクソ言われていて笑いました。法月(作者)ノリノリで書いてそうだなあ。

|

« 『密室蒐集家』 大山誠一郎 | トップページ | 『儚い羊たちの祝宴』 米澤穂信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/61627555

この記事へのトラックバック一覧です: 『一の悲劇』 法月綸太郎:

« 『密室蒐集家』 大山誠一郎 | トップページ | 『儚い羊たちの祝宴』 米澤穂信 »