« 『ハサミ男』 殊能将之 | トップページ | 『密室蒐集家』 大山誠一郎 »

2015/09/10

『河原町ルヴォワール』 円居挽

ルヴォワールシリーズ第4弾にして、弟・大和による落花殺しから始まる衝撃の最終巻。

落花という最強のキャラクタをあっさりと殺すのもルヴォワールらしいような気もして、まったく疑っていなかったところからの落花戻し。やられた。あの改変の記述ね。あれすら「有り得る」と思ってしまうあたりルヴォワールな世界観に入りこまされている証拠か。

これまでのシリーズ作より(物理的に)薄いような気がするのだけれど、最初から最後まで詰め込めるものすべて詰め込まれていてサービス満点。論語vs撫子の結末が若干チープなのは本流じゃないのもあるだろうし、撫子という龍師の腕にもよるだろうか。やっぱり落花には劣るよなあ。さっき読んだばかりだけれど、また落花戻し読みたくなってきたもの。vs大和の斬れ味ったらもう。

あと、流かわいい。個人的にはうゆうさんが良かったけど(まだ言うか)達也に甘える流かわいい。

まだまだ彼らの双龍会が読みたいのだけど、これ以上は蛇足なのでしょうね。

|

« 『ハサミ男』 殊能将之 | トップページ | 『密室蒐集家』 大山誠一郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/61539775

この記事へのトラックバック一覧です: 『河原町ルヴォワール』 円居挽:

« 『ハサミ男』 殊能将之 | トップページ | 『密室蒐集家』 大山誠一郎 »