« 『スノーホワイト』 森川智喜 | トップページ | 『悪の教典』 貴志祐介 »

2015/09/29

『満願』 米澤穂信

2014年、年末のミステリ関係の各賞を総なめにした米澤穂信の暗黒系短編集。この完成度の作品を推薦から外したら嘘になるもの、そりゃ受賞するわと納得の1作。

どれも良かったのだけれど、個人的には「万灯」と「関守」を特に推す。どの作品も「なぜこうなってしまったのか」を問う作品なのだけれど、why?の出処が人間の心の中なのか行動なのかで好みに差が出たかしら。「万灯」「関守」あとは「夜警」あたりは誰のどんな行動が元でこんな悲劇が起こってしまったのか、そこを解くミステリっぽさがまだあるかと。

「柘榴」「死人宿」は反対に人間の後ろ暗さがよく描かれていて、作品としてよくまとまっていておもしろくもあるのだけれど、3作品に比べると苦手か。なんだろう、理解ができないからだろうか。表題作の「満願」も理解が出来ないという点ではこちらに分類されるかな。

『儚い羊たちの祝宴』から続く暗黒系米澤穂信。おもしろいのだけれど、やっぱりミステリが読みたい!未読なのは『王とサーカス』だけになってしまったので、twitterを追いつつ新刊を切に願います。

|

« 『スノーホワイト』 森川智喜 | トップページ | 『悪の教典』 貴志祐介 »

コメント

いずれも暗示的な短い漢字のタイトル。
良く練られて無駄のない文章。どれも素晴らしかったです。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

投稿: 藍色 | 2017/02/17 12:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/61824027

この記事へのトラックバック一覧です: 『満願』 米澤穂信:

» 「満願」米澤穂信 [粋な提案]
第27回山本周五郎賞受賞 2015年版「このミステリーがすごい! 」第1位 2014「週刊文春ミステリーベスト10」 第1位 2015年版「ミステリーが読みたい! 」 第1位 2014年のミステリー年間ランキングで3冠に輝いた、米澤ワールドの新たなる最高峰! 人生を賭けた激しい願いが、6つの謎を呼び起こす。人を殺め、静かに刑期を終えた 妻の本当の動機とは――。驚愕の結末で...... [続きを読む]

受信: 2017/02/17 12:24

« 『スノーホワイト』 森川智喜 | トップページ | 『悪の教典』 貴志祐介 »