« 『Aではない君と』 薬丸岳 | トップページ | 『烏丸ルヴォワール』 円居挽 »

2015/08/02

『禁断の魔術』 東野圭吾

ガリレオシリーズ第8弾。「猛射つ」が加筆され長編化と聞いて。

いつも書いているが、湯川の人間味が増している。ただし、本作に限って言えばその人間味が効果的に作用していたように思う。もちろん「猛射つ」のお話。ラスト、合図があれば湯川は発射したに違いないという意見に1票。確証のないことは言わないのなら、確証のあることは言うのでしょう。そして、自分の心(決意)に確証が持てなくてどうする。ただ、長編にする必要のある作品かなあ…とは思う。特に大きな驚きがある作品ではなく。加筆するとしたら登場人物の心模様でしょう。ガリレオにそういうものは求めてないのよねえ。

というわけで、「曲球る」なんて解決に科学も物理も関係ないどころか、不可解な事件は起こってなくて唖然。

|

« 『Aではない君と』 薬丸岳 | トップページ | 『烏丸ルヴォワール』 円居挽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/61000363

この記事へのトラックバック一覧です: 『禁断の魔術』 東野圭吾:

« 『Aではない君と』 薬丸岳 | トップページ | 『烏丸ルヴォワール』 円居挽 »