« 『さくらゆき』 篠田真由美 | トップページ | 『御手洗潔のダンス』 島田荘司 »

2015/06/26

『生存者ゼロ』 安生正

「このミス」大賞受賞作。「このミス」やメフィスト賞がミステリーじゃないなんてことには慣れたつもりだったけれど、まさか○○○○との戦争モノを読まされるとは。あくまでも新種の感染症と研究者が頭脳戦を繰り広げる物語を読みたかった。

説明なく専門用語が用いられるため情景をイメージしにくく、持って回った言い回しも多いためとにかく読み難い。黙示録の部分を筆頭に半分くらい読み流したのでラストの第五の鉢がなんだったのかまったくわからず。というか、最後に富樫が改心したのすらぽかーん。あれはあの場に赤ん坊がいたからってことで良いのかしら。

全てがもう少しスマートだったら勢いで読めたんだろうなという1冊。あのボリュームは心を折るのに充分。

|

« 『さくらゆき』 篠田真由美 | トップページ | 『御手洗潔のダンス』 島田荘司 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/60521818

この記事へのトラックバック一覧です: 『生存者ゼロ』 安生正:

« 『さくらゆき』 篠田真由美 | トップページ | 『御手洗潔のダンス』 島田荘司 »