« 『しあわせの書』 泡坂妻夫 | トップページ | 『致死量未満の殺人』 三沢陽一 »

2015/05/24

『御手洗潔の挨拶』 島田荘司

玉木ミタライ(カタカナが正しいのよね?)意外と良かったですね。そのとき改めて『占星術』や『斜め屋敷』といった代表作は読んでいるけれど、読み落としているものも多いと感じた御手洗シリーズを今年は重点的に読もうかと思います。映画化もするしね!

本作は『挨拶』がわりに御手洗という人物の様々な面に触れる短編集。紅茶(珈琲)、犬なんかがキーワードかと。あとはギターね。結果的に抽斗多すぎて御手洗という人物がさらにわからなくなったわけだけれど。

作品としては「紫電改研究保存会」が個人的ベスト。かなりホームズの「赤毛組合」です。

さて、次はどの作品を読もうか。順に読んで行くのなら『異邦の騎士』。映画化作品を拾っておくなら『星籠の海』。さらっと読みたいなら『御手洗潔のダンス』か。

|

« 『しあわせの書』 泡坂妻夫 | トップページ | 『致死量未満の殺人』 三沢陽一 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/60110901

この記事へのトラックバック一覧です: 『御手洗潔の挨拶』 島田荘司:

« 『しあわせの書』 泡坂妻夫 | トップページ | 『致死量未満の殺人』 三沢陽一 »