« 『わたしたちが少女と呼ばれていた頃』 石持浅海 | トップページ | 『柩の中の狂騒』 菅原和也 »

2015/05/03

『丸太町ルヴォワール』 円居挽

祖父殺しの罪を着せた初恋の女を見つけるためだけに私的裁判“双龍会”の被告となる…といういろいろおいしい設定の本作。設定だけでなく○○トリックもてんこもりですが、ちょっと盛り過ぎた印象。

どんでん返し大好きな私ですが、ちょっとサービスし過ぎでしょうか。どんでん返して返して元に戻ったと思ったら思ってもみないところから真相が現れ、やっと初恋の女の正体がわかったと思ったらやっぱりフェイクで…という展開には少々疲れました。もう少し読み易ければ良かったのかもしれませんが。雰囲気作りに一役買っているのはわかりますが、もう少し読み易い文章をお願いします。

双龍会というシステム、個性的なキャラクタたち、彼らが織りなす丁丁発止のやりとりは大好物ですのでまた読みたい。『ルヴォワール』と名のついた他の作品はシリーズ続編なのでしょうか。リサーチです。

|

« 『わたしたちが少女と呼ばれていた頃』 石持浅海 | トップページ | 『柩の中の狂騒』 菅原和也 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/59867119

この記事へのトラックバック一覧です: 『丸太町ルヴォワール』 円居挽:

« 『わたしたちが少女と呼ばれていた頃』 石持浅海 | トップページ | 『柩の中の狂騒』 菅原和也 »