« 『致死量未満の殺人』 三沢陽一 | トップページ | 『Another エピソードS』 綾辻行人 »

2015/05/29

『天空の蜂』 東野圭吾

おすすめ東野作品としてタイトルが上がることが多いので以前から読みたいと思っておりましたが、その厚さ故に尻ごみしていた1冊。映画化と聞いてようやく重い腰を上げました。

内容よりもなによりも、この作品が1995年に書かれたことに驚きを隠せません。原発に対する国民の姿勢、意識をテーマに描かれている作品ですが、事件が起こってからの人々の反応が震災以降の世間の反応そのままです。そして天空の蜂(犯人たちが名乗った犯行グループ名)の最後の声明文。私は今だからそのメッセージの中身を理解できますが、発売当時…いや、震災前にこの作品を読んでいたとして彼らの放ったメッセージを理解できたかどうか自信がありません。

それにしても、この作品を今になって映画化するってのはチャレンジですね。江口洋介は個人的に湯原というより三島のイメージですが。

そういえば、本作は犯人グループの動機、事情、心情の描写がとても薄いです。書かれていないわけじゃない。でも、最近の社会派東野作品に比べるとかなりあっさりした書き方だと感じます。意図的かな?でも、今の東野圭吾がこの作品を書いた場合、読者が犯人に感情移入するように(もっと言えば同情するように)書くんじゃないかなあという気がします。

|

« 『致死量未満の殺人』 三沢陽一 | トップページ | 『Another エピソードS』 綾辻行人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/60183042

この記事へのトラックバック一覧です: 『天空の蜂』 東野圭吾:

« 『致死量未満の殺人』 三沢陽一 | トップページ | 『Another エピソードS』 綾辻行人 »