« 『光秀の定理』 垣根涼介 | トップページ | 『御手洗潔の挨拶』 島田荘司 »

2015/05/19

『しあわせの書』 泡坂妻夫

語られる宗教団体のお家騒動に特筆すべき点はありません。(作中の)しあわせの書が食べられるのも、鷹狩が○○なのも想定の範囲内。

では、なにがすごいってしあわせの書すべてのページに仕掛けられている驚きのトリックですよ。文章の運びに違和感があるのは出版年月が古い所為だと侮ってました。すみません。

とにかくネタバレなしで読みたい1冊。このトリックはどうあったって忘れることはできません。ネタバレなしに読めたとき、この本は本物のしあわせの書になるでしょう。

|

« 『光秀の定理』 垣根涼介 | トップページ | 『御手洗潔の挨拶』 島田荘司 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/60062553

この記事へのトラックバック一覧です: 『しあわせの書』 泡坂妻夫:

« 『光秀の定理』 垣根涼介 | トップページ | 『御手洗潔の挨拶』 島田荘司 »