« 『ダンガンロンパ霧切2』 北山猛邦 | トップページ | 『石の繭 警視庁殺人分析班』 麻見和史 »

2015/03/30

『名探偵に薔薇を』 城平京

『虚構推理』『絶園のテンペスト』の城平京氏のデビュー作…なのでしょうか。初版が1998年、今まで読んでなかったのが残念に思えるほどおもしろかった。

二部構成ですが、第一部が素晴らしい。『メルヘン小人地獄』という猟奇的な童話をモチーフにした連続殺人事件に摩訶不思議な毒薬。少しも進展しない捜査と、対照的な名探偵登場からの疾走感。謎解きも実に論理的で、蓋を開けてしまえば実に簡単なことで、警察がどうしてその可能性に思い至らなかったのか不思議なくらいの見事な幕引きでした。

だからこそ、第二部のハードルを勝手に上げて上げて上げてしまったのが個人的な反省点。名探偵のパーソナルな部分に興味がない…とは言いません。むしろ好きです。キャラ読みもよくします。が、本作に限っては名探偵の過去を明かすタイミングが遅すぎて(唐突すぎて)感情移入するタイミングを失してしまったのがいけなかったのか。第二部の肝であるホワイダニットの部分をほとんど楽しめなかった。二転三転させてやろうというサービス精神は嬉しいのだけれど、ええ!?そうだったの??と思えるほど(探偵を含め)登場人物のことを理解できませんでした。

悪くはない、もちろん良作なのだけれど。第一部のテイストで最後までいって欲しかったという個人的願望でした。

|

« 『ダンガンロンパ霧切2』 北山猛邦 | トップページ | 『石の繭 警視庁殺人分析班』 麻見和史 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/59465203

この記事へのトラックバック一覧です: 『名探偵に薔薇を』 城平京:

« 『ダンガンロンパ霧切2』 北山猛邦 | トップページ | 『石の繭 警視庁殺人分析班』 麻見和史 »