« 『検察側の罪人』 雫井脩介 | トップページ | 『僕と先生』 坂木司 »

2015/02/05

『ダンガンロンパ霧切1』 北山猛邦 

大好きなダンガンロンパ、超高校級の探偵である霧切響子の中学生時代を描いた作品。

おもしろかった!!!

これまで私の北山ベストは『瑠璃城』なのですが、それを塗り替えたかもしれない。いや、どっちも好きですが。

とりあえず、探偵図書館と分類コードというどこか清涼院流水氏のJDCシリーズを思わせる設定がツボ。これだけであと100ページくらい書いて欲しいくらい好き。ゼロクラスの探偵はやく出てきてカモーン。

肝心のミステリも短い(実質、謎解きに関係したページって50ページくらいだったのはないかと推察)ですが、まとまっていて良いです。死体がバラバラだった時点でかの有名な『占星術殺人事件』を思い出したのは私だけではないはず。あらためて『占星術殺人事件』は偉大。本作とは関係ありませんが御手洗シリーズがドラマ化しますね。玉木宏と堂本光一とかぶっ飛んでますねとても楽しみです。

タイトルの通り『1』なので続きものですが、殺人事件の謎はしっかりと解決してくれたので安心。そして『2』に続くラスト、現れたダブルゼロ探偵。13億の謎。わくわくが止まりません。どうかこのクオリティのままでシリーズを続けて欲しいものです。霧切のキャラクタも違和感なく描かれていて、北山氏のこと見直しました。

|

« 『検察側の罪人』 雫井脩介 | トップページ | 『僕と先生』 坂木司 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/58832873

この記事へのトラックバック一覧です: 『ダンガンロンパ霧切1』 北山猛邦 :

« 『検察側の罪人』 雫井脩介 | トップページ | 『僕と先生』 坂木司 »