« 『微笑む人』 貫井徳郎 | トップページ | 『シュークリーム・パニック Wクリーム』 倉知淳 »

2015/01/08

『シュークリーム・パニック 生チョコレート』 倉知淳

なぜこの表紙だったのか。というか、シュークリームがパニックするようなお話はひとつもなかったわけですが、姉妹編を読めば氷解するのでしょうか。しないような気がします。

収録されている作品は3編。どれもこれも普通、半年後に内容話してみろって言われても話せないような気がします。敢えて挙げるなら「現金強奪作戦!(但し現地集合)」が好み。「強運の男」は本当にただの強運の男だったのが残念。そこにいかさまがあって、男がどんな目的でこのゲーム(いかさま)を仕掛けてきているのかを探る方が絶対に面白かったと思う。

「夏の終わりと僕らの影と」は9割青春小説で読むのがとてもつらかったです。

|

« 『微笑む人』 貫井徳郎 | トップページ | 『シュークリーム・パニック Wクリーム』 倉知淳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/58520030

この記事へのトラックバック一覧です: 『シュークリーム・パニック 生チョコレート』 倉知淳:

« 『微笑む人』 貫井徳郎 | トップページ | 『シュークリーム・パニック Wクリーム』 倉知淳 »