« 『風ヶ丘五十円玉祭りの謎』 青崎有吾 | トップページ | 『ダンガンロンパ霧切1』 北山猛邦  »

2015/01/31

『検察側の罪人』 雫井脩介

おもしろい、が、有り得ない。有り得ないことで有って欲しいと思う一冊。読了感は悪くないが重い。思えば雫井氏の作品はいつもこうだ。

時効となったすべての契機、過去の事件が検事に落とした影はこれまでの人生すべてを棒に振れるほどのものだったのか。一線を越える、その背中を押す出来事はもちろん有ったけれど、だからと言ってあれだけのことができるとは思えない。その想いの強さがわからない。

作品のキーワードでもある「正義」。自らの行いを正義だと居直ってくれれば良かった。けれど検事は自らの行為を正義だと思い込もうとしていたに過ぎない。

なんだかよくわからないけれど、誰も報われないし救われない作品だった。おもしろかった。

|

« 『風ヶ丘五十円玉祭りの謎』 青崎有吾 | トップページ | 『ダンガンロンパ霧切1』 北山猛邦  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/58762527

この記事へのトラックバック一覧です: 『検察側の罪人』 雫井脩介:

« 『風ヶ丘五十円玉祭りの謎』 青崎有吾 | トップページ | 『ダンガンロンパ霧切1』 北山猛邦  »