« 『未成年儀式』 彩坂美月 | トップページ | 『探偵は今夜も憂鬱』 樋口有介 »

2014/12/11

『名探偵だって恋をする』

タイトル詐欺甚だしいアンソロジー

名探偵が恋をした作品はひとつもありません。名探偵と恋という組み合わせに惹かれて読んだのに。ついでに言えば表紙のイラストっぽいお話もない。表紙詐欺だ。

そんな中で個人的ベストを上げるならば森晶麿氏の「花酔いロジック」でしょうか。まさかの甲類。

次点は相変わらずのまほろワールド全開の「消えたロザリオ」。ミステリよりもやはり世界観に引き込まれた感がありますが。『セーラー服と黙示録』シリーズですよね。気になっていたので早急に読みます。

収録作品に魅力は感じなかったけれど(まったく恋が絡んでこなかった驚き)椹野道流のローウェルシリーズも気になっていたので読みたい。恋が絡まなかったと言えば宮内悠介氏の「空蜘蛛」もファンタジーだと思えば悪くない。アンソロジーに収録されると意外と楽しめるタイプの作風か。

とりあえず、いますぐタイトルに沿ったアンソロジーを出してください。それが読みたい。

|

« 『未成年儀式』 彩坂美月 | トップページ | 『探偵は今夜も憂鬱』 樋口有介 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/58233711

この記事へのトラックバック一覧です: 『名探偵だって恋をする』:

« 『未成年儀式』 彩坂美月 | トップページ | 『探偵は今夜も憂鬱』 樋口有介 »