« 『そして誰もいなくなる』 今邑彩 | トップページ | 『微笑む人』 貫井徳郎 »

2014/12/31

『目白台サイドキック 女神の手は白い』 太田忠司

さらりと読めるため1時間ほどで読了。

まさかの続きもの

もうちょっとわかりやすい表記にしてくださいよ角川さん。

ミステリ部分に関しては黒幕(真相)の部分がわかっていないので評価できず。テンポ良く読めるのはアドバンテージになるかな。

それよりも何よりも北小路に関する一連の伏線ですよ。かなりあからさまに描かれているので登場したシーンで看破しましたが、果たしてこの伏線は何の為に張られていたのか。黒幕の正体に関係すると考えるのが妥当ですが。まさかの続きもの、この点も評価は先送りでしょうか。

とりあえず、太田氏の書く骨太なミステリが読みたい。

|

« 『そして誰もいなくなる』 今邑彩 | トップページ | 『微笑む人』 貫井徳郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/58426338

この記事へのトラックバック一覧です: 『目白台サイドキック 女神の手は白い』 太田忠司:

« 『そして誰もいなくなる』 今邑彩 | トップページ | 『微笑む人』 貫井徳郎 »