« 『黒翼鳥 NCIS特別捜査官』 月原渉 | トップページ | 『名探偵だって恋をする』 »

2014/12/05

『未成年儀式』 彩坂美月

文庫化の際に『少女は夏に閉ざされる』に改題された一作。有栖川有栖の推薦を受けてデビューとあるけれど、青春小説ではあるがミステリではないと思った一冊。

設定はまるで古処誠二『フラグメント』のよう。繭の存在を際立たせようと挿入される【彼女】の独白がミスリードというよりアンフェア…物語のしまりを逆に悪くしているように感じた。やはりミステリ仕立てにする必要があったのか。あくまでも青春小説で良かったのでは?

デビュー作と言うことで書きたいもの、書きたいシーンをとにかく詰め込んでみましたという一冊。メインで登場する少女たち、ひとりひとりが悩みや迷いを抱えているのだけれど、正直どの子にも共感できなかった。やや薄っぺr( 少女たちをとりまく人物まで含めると登場人物が以外と増えて、散らかっている印象になってしまったのも残念か。


|

« 『黒翼鳥 NCIS特別捜査官』 月原渉 | トップページ | 『名探偵だって恋をする』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/58178032

この記事へのトラックバック一覧です: 『未成年儀式』 彩坂美月:

« 『黒翼鳥 NCIS特別捜査官』 月原渉 | トップページ | 『名探偵だって恋をする』 »