« 『トスカの接吻』 深水黎一郎 | トップページ | 『追憶の夜想曲』 中山七里 »

2014/11/14

『戦力外捜査官』 似鳥鶏

ドラマはもちろん観ていません。が、いかにもドラマ化(受け)しそうな設定が詰まっているなあと感心した一作。とりあえず、

似鳥作品らしい緻密さを求めるとがっかりします

ノリとご都合主義(あるいはベルトコンベア方式)てんこ盛りです。並走するふたつの事件、このふたつがどう繋がるんだろうドキドキワクワク!ってのが正しい読書の楽しみ方ですが、特に斬新な繋がりではなく、むしろ王道も王道で「お、おう…」としか言えないです。

うーん、海月のキャラを容認できるかどうかが作品を楽しめるかどうかの大きな鍵なのだろうか。姫デカというサブタイトルが付いていますが、同じ武井咲ちゃんが演じる姫なら西之園萌絵の方が好感持てます。海月はなんていうか養殖の天然っぽさが。

設定は悪くないのだけれど。いつもの似鳥作品並の緻密さ、本格さを求めて手に取ったのが敗因か。評価はシリーズ続刊まで保留にしましょう。次はライトミステリだと思って読みます。それならきっと高評価にな…らない気がしないでもない。

|

« 『トスカの接吻』 深水黎一郎 | トップページ | 『追憶の夜想曲』 中山七里 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/57981093

この記事へのトラックバック一覧です: 『戦力外捜査官』 似鳥鶏:

« 『トスカの接吻』 深水黎一郎 | トップページ | 『追憶の夜想曲』 中山七里 »